お寒うございます。

日本なら風薫る5月。八十八夜を過ぎ、益々新緑の頃!早稲の田植えが始まって。田園に水が入り、月夜などは山が田んぼの水面に映って、それはそれは気持ちのいい時。

殊更5月は日本が恋しゅうございますな。

こちらは寒の入り?とも思えるほど、寒うございます。

この3年で5月では一番冷え込んだ夜、我が家の暖房が壊れました。マジ、寒かったですが、雪雨の降る東北で電気もなく過ごされた被災者の方を思えば、これしきのことで嘆いてはおられませぬ。
が、しっかり文句言ってました。

5月の母の日にはダーリンが朝私を起こしにきて、何で子どもたちが来ないの!とふくれておりましたが(いやダーリンが子どもたちに教えてよね!という意味でダーリンに怒ってた)なけなしのお小遣いで買ったと思われる、ハニーちゃんから花束と僕ちゃんからはチョコレートのギフトを貰いました。素敵なカードと一緒に。
クリスマスのときも、子どもたち同士がお互いのプレゼントと私たちそれぞれにプレゼントと、いつもお世話になってる若夫婦それぞれへのプレゼントを用意してました。私も、ダーリンもプレゼントを買うように一言も言ってないけど、毎年、プレゼントを貰うし、自分たちも用意しなくっちゃとなけなしの小遣いをはたいて用意したようです。家族だけでも(若夫婦を含めて)5人分です。
気持ちはあってもあらわせない時期を過ぎてきたのかなと思います。気持ちが形で伝えられるようになってきたのでしょう。。勿論嬉しいのは物ではなくて気持ちです。カードだけ、言葉だけでも『伝える』努力をすることが出来るようになっていたのは進歩です。

ちゃんと伝わったよ~。ありがとう!!
で、ハニーちゃんはお料理のお手伝いをするのが嫌でトイレ掃除をしてました。
僕ちゃんは何かしてくれたっけかな~。もう忘れましたが。
18歳にもなろう受験生の息子が学校へ送っていけばThanks Mum!といつも言うし、ご飯の時も必ず、ご馳走様!美味しかったよ、ありがとう。というので(反面、当たり前でもあるけれど)まあ、いっか~~と怒っていても忘れてしまう私。

その僕ちゃん、実は舌が肥えていて、白米を変えると『あれ?米変えた?』と分かるし、鰹節と昆布で出し取ったうどんは『うーん、鰹のだしがきいていて旨いね~』と、なかなか鋭いのです。
多分、鼻がいいので味覚も少しよいのだと思います。

最近はブイヤベースの残りのスープをこれでリゾットを作ったら旨いんじゃない?なんて、料理に少し目覚めが・・・今までは食べる専門だったのに。そのブイヤベースの残りのスープに残ったご飯をいれて雑炊にすれば、これにパルメザンチーズをかけるともっと旨いと思うと言ってかけ始めました。ホント、パルメザンチーズを入れたら絶品になりました。

昨日はダーリンの手抜きパスタの日。いつもはレゴスのパスタソースで食べるのに、何を入れたら手軽で美味しいかと電話で聞いてきたので、オリーブオイルでにんにくとチリを炒めてぺペロンチーノにしたら?と言ったら即、ツナ缶も使ってみると自分で調理したそうで。おいしかったそうです。

昆布で出しを取って湯豆腐にしてもみじおろしと生姜で、ポークステーキをにんにくと大根おろしと醬油で食べるよう用意しておいたら、ダーリンに『ママみたいに美味しいものが作れるようになりたい』と言ってたぞ~って。可愛い息子だなぁ~~。
どうぞどうぞ、料理を学んで、今度は私に美味しいものを食べさせておくれ~~。

因みにハニーちゃんは、私や僕ちゃんみたいに食いしん坊でないのであまり、料理に興味がないのが残念です。。
[PR]
by sonnenblumensan | 2011-05-13 21:17 | 子育て
<< 華も実もある生活 Decade >>