19歳と16歳

同じ誕生日の子どもたちはもうすぐ19歳と16歳になります。
もちろん、いろいろあったし、まだまだ色々ある渦中でもあるし、これからも色々なことがあるんだろうけど。感想は、あっという間だ~~。という嘆きと、よくもここまで育ってくれたと言う感激。

当たり前のように年を重ね、当たり前のように毎年子どもたちの誕生日を祝えるのは、なんと奇跡的で、ありがたいことかと、しみじみ思います。

幼い頃に2回も救急車(しかも両方とも海外で)のお世話になった息子。新生児発疹にはじまり、熱が~。中耳炎が~、マイコプラズマ肺炎だ~~。水疱瘡だよ~~。滑り台から落ちて脳震とうだ~。ひきつけた~。骨折った~。などなど、幾度も病院に飛び込んだし。にこーと笑いながら道路に飛び出す2歳の娘に心臓が飛び出るかと思ったり。赤ん坊のうちは色々なものを口に入れたし!
一歩間違えば、命を落とすようなことと、隣あわせで。よくもここまで、生きてこれたもんだと思うわけです。自分も含めて。災害にもあわず、大きな事故にもあわず。
そうして、生きていることが奇跡なんだと言われることに実感するわけです。子どもたちを生かせてくれた宇宙なら宇宙に、神なら神に、天なら天に、運なら運に感謝の念が湧くわけです。
そして、この子達にもらった歓びに、授かった運命に、また、私を育ててくれた親に、そうして先祖に自然に感謝の念が湧き、この先も元気に精一杯、命の花を咲かせて欲しいと願うわけです。

26時間も陣痛で、でも安産だった長男。9時間だったけど、出産の痛みがなかなか消えなかった娘のお産。奇しくも同じ日になったけど、二人とも全く違うキャラで。怒ってばかりの母だったけど、やっぱり子育てはかけがえのない、楽しいものだったなあ。。娘が成人する(こっちは18歳)まで後2年あるけど・・

先月免許を取った息子が時々、駅まで迎えに来てくれるようにもなって。ママタクシーに翻弄された子育てが終了を悟り感無量。。息子が育つとこんなにいいことがあるとは想定外でした。。

誕生日おめでとうKIDS! そして良く頑張りましたで賞をダーリンと私に!(まだ終了じゃないけど)
[PR]
by sonnenblumensan | 2012-08-09 22:12 | 子育て
<< 美味しい話 日々是勉強 >>