ひな祭り

桃の節句かー。桃、食べるほうならかろうじてまだスーパーで買えます。
今日は本当はカラオケに行くはずだったので、ひな祭りのお祝いを昨日済ませました。
17回、お雛さんを出して。毎年飾るたびに女の子いて嬉しいなと感慨深くなります。

男の子のほうが優しいというけど、それはちょっと当たってるかなーとも思うけど。
今の時期、ティーンの女の子は確かに難しい年でもあるけれど、ゆくゆくお嫁さんにとられる
息子より、娘のほうが色々共有できて楽しいかもーと思うけど。
私のように国際結婚して遠くの国に行ってしまうかもしれないし。
子育てに限らず、人間関係というのは、今この時を向きあう。ということなんだなー
とつくづく思う。

子どもたちが小さいときに”ハーフだから”
可愛いとか、”ハーフだからモデルにしたら?”
とか”芸能関係にいけばー”なんて、日本ではよく言われて、それがとても嫌だった。
そもそもハーフといわれることにも抵抗があっていちいち
説明したりしてたけど、道半ばであきらめた。

もちろん自分の子なので主観的にとても可愛いけれど。
客観的にみてハーフだから可愛いということもなくてハーフでも普通の子のほうが多いと思う私ですが。。
小さい時は誰だって可愛いし、中学生くらいになれば、もう、親そっくり!
なんていうハーフのほうが多いと思う。その親が美しい人ならばもちろん綺麗な子だけれど。
そもそも若い人の花開くころなんていうのは誰もが美しい時期でもあるではないか!!

で、話を戻すと、モデルなんて子どもが喜んでするとは思えず、所詮親の自己満足で、
さらさらそんなのに応募するなんて、けっ!くらいに思ってた。

が、娘は歌と踊りが大好きだった。のがきっかけで、
お習い事としてミュージカルシアターのドラマスクールに行くようになった。
それが縁でコマーシャル、映画のエキストラ、ミュージカルの子役、を
お金を頂いてさせてもらった。仕事のことは全て、タイミングと運だったと思う。
そしてドラマの端役を頂いて去年はテレビドラマシリーズにも出演できた。
そのテレビシリーズは好評だったので今年も続きそうらしい。脚本でき次第なのかな。
しっかり芸能活動を始めてしまったわけですが。

今年は12年生ということもあって、なるべく、勉強にーーーと思う母の願いはむなしく
ドラマスクールではやっとトップのクラスにはいり、その稽古に時間はとられ。
年2回のステージのシーズンは2週間ほぼ毎日、舞台に出るし。。
今度は学校の行事もソロで歌うというし、あああああ、お勉強は????
高校を卒業したら大学でPerforming Artを専攻したいそうで。。
食べていけない科に進むのか。。でもやりたいことは後押し!しなくてはね。
やりたい事は後悔のないようにやって欲しいと思うので少しくらい勉強が出来なくても(少しじゃないところが痛いのですが)いいじゃん!!
と気を取り直し、最後の高校生活を見守りたいと思います。・

カラオケキャンセルになって早く帰宅すれば。娘が風邪引いて熱がある。早く帰宅してよかった。
先週は息子が熱だして。。2人とも熱をだすといまだに
ママ、蜂蜜レモン作ってーとくるのでいそいそと作って持っていく、甘チャンの母です。

大学3年生になった息子に、はやく沢山稼ぐようになってママに楽させてといったら
「それ、無理!ママはママの人生を歩んで。」なんて一蹴されました。
ママはママの人生を歩むからせめて独立して、将来お金貸してーとか、なしにしてね~~





[PR]
by sonnenblumensan | 2014-03-03 21:08 | 子育て
<< 13年経ちました 子育ては終わらないっ! >>