飲茶

メルボルンのいいところの一つに、色々な国の様々な料理が気軽に口に入ることがあると思う。昨日はお客様の招待を受けて、Cityのチャイナタウンで、飲茶のランチをご馳走になった。Shark Fin Houseで。なんてラッキーな私。

ラッキーついでに、中華料理をごちそうになるとき、結構茶柱が立つ時が多い。
やっぱり、ラッキーな私。でも、茶柱が立ったことは人に言ってはいけないんだそうだ。つい最近まで知らなかった。で、やっぱり、いつものように、茶柱が立ったことを報告した。ま、どっちにしてもついてるし!!

初めて香港に行ったときも、タイでもマレーシアでも、シンガポールでも、なぜか香港人に見られる私。昨日もまたカントニーズでお店の人に話しかけられた。
チューリッヒではチベットからの難民が多くチベティアンによく話しかけられたけど。。。

ダーリンは日本ではよく『アメリカ人!!』っておじさんや子供に言われて、笑ってたけど。見るからにヨーロピアンなダーリンなのになぁ。。。オージーやカナダ人の友達なんかは『アメリカ人』と聞かれすぎて、切れてたけど。日本人はアメリカ人しか知らないのか!!って。で、アメリカ人の友達は外人と言われるたびに失礼だ!!と怒ってた。ま、15年ほど前のお話。

メルボルンじゃ何人かなんて、誰も気にしない。

国籍不詳も何となく怪しげでいいけどね。(全然怪しくない、見たまんま普通の日本人だけど)
[PR]
by sonnenblumensan | 2006-07-28 09:17 | メルボルン
<< karaoke そういえば >>