嗚呼、冬休み・・・

最近は殊更に寒いメルボルン。毎度のスクールホリディは消耗もするし、私にとっての休みでもある。
子供たちが冬休みに入ると、会社に行く回数を減らしてもらっている。子供たちをホリディプログラムなんてものに入れたら二人であっという間に$100になってしまう。仕事に行くのに給料並みの金額を子供を見てもらう為に払うのは割が合わない。し、子供たちも他のお友達と遊べないとか、ゆっくりしたいと思っても朝9時までにつれて行かねばならなかったりするのは、なんだか可愛そうだ。

そんなこと言っても両親共働きで、頼れる祖父母か親戚でもいない限りはそうせざるを得ないのだが・・
ま、私は幸か不幸かフルタイムではないので、それに見合ってお休みも取りやすい。これもひとえに、子育ての大変さを理解して下さるボスのおかげなのだが。

とはいえ、僕ちゃんももう中学生だし、ホリディプログラムなんて最初から入れる気もない。が、一日ほおっておけば、CPにかじりつくか、漫画をだらだら読んで、気が向けば公園にバスケのシュートの練習に行くくらい。(間違っても勉強などしない・・・)ま、友達と出かけることもあるが、それはそれで、どこへ行くのか、誰の家に行くのか。その家には大人はいるのか、確認しなければならない。
『可保護』と言ってしまうのは簡単だが、リスクも子供もちになるので、(自分もちならまだしも)やはり、親としては最低限の情報は持っていなければならない。後で『知らなかった』といって後悔することのないようにだ。XX君の家にいるはずが、ショッピングセンターで絡まれた!なんてことのないように。

僕ちゃんについては、ティーンエイジャーならではの心配は増えたが、体力的にはとっても楽になった。自転車で友達の家にも行くので送り迎えの回数がかなり減った。お友達と遊ぶのも自分でオーガナイズできるようになった。今度の休みも私が勝手に歯医者の予約や、眼科の検診などを入れるので、一人前に僕の予定も聞いてくれ!と怒ってた。はは、ごめんね。母の都合のほうがまだ、勝つのだ!!

それにしても、確かに、会社には休みを貰ってはいるが、仕事に行くほうが実は楽だったりする休み中~~。
学校の休みに仕事に出るということは、誰かにハニーちゃんを預かってもらうわけで。お世話になりっぱなしでは申し分けないので、やはり自分が休みのときは遊びに来てもらうようにしている。どこへも遠出しなくても、お友達と遊ぶことは子供たちにとって楽しいことだ。冬休み中となれば、お泊りしに行ったり、来てもらったり。

七夕の日に二人のお友達がお泊りに来て、日曜日も一人が泊まって。月曜日には双子のお友達とローラースケートセンターへ連れて行って、お泊りしてもらって。今日は朝から、働く友人の子供たちが来て。双子ちゃんが帰ったあとで、今度はアイススケートに連れて行った。
3泊連続で家には3人~4人の子供が常にいて。お餅ついたり、お菓子作ったり、スケートしたり、とにかく忙しい・・・。それで消耗しかけるのだが、、、、子供たちは突拍子もないことを言ったり、したりするし、とにかく、み~んな楽しそうで、楽しそうで、その笑顔がまた可愛くて仕方ない。そこでまだグーンとエネルギーをチャージして、仕事に備えるのであった。

休みになると洗濯物も増えて、しかも私が家にいるとダーリンの家事を手伝う率が愕然と下がり必然的に、家事も増える。。。今度、仕事と偽って、どこかへ遊びにいこうかなぁ~~などど、イケナイことを考えるのであった。。。
[PR]
by sonnenblumensan | 2007-07-10 22:43 | 子育て
<< Bright Side of ... 070707 >>