Friendship Award

毎朝子供を送る車の中で色々なおしゃべりをする。泣かせながら九九を教えたのも車の中。
Boyfriendの話を聞くのも車の中。が、半分以上はお説教になることが多い。今朝も昨日友達が来てふざけて壊した私のマレーシア土産の猫の置物のことで、昏々と説教をした。大体、友達が来るととたんに悪ふざけを先頭をきってやってのけ、あとで目玉を食らう。彼女を怒るのにはパワーが必要だ。本当に疲れる。物凄い形相の母に叱られシュンとして学校へ行ったハニーちゃん。


昨日の朝、ハニーちゃんの学校から電話があった。
『ハニーちゃんがFriendship Awardを貰ったから、明日の学校集会で表彰されるの。見に来るでしょう?』
『は~、私も夫も仕事なんだけど。。』
『これは凄く名誉なことなので、、』

この時点で、来ないなんて言う親はいないと言う雰囲気。

『わかりました。何とか仕事を抜けられるように手配します。』
ほっとしたように『良かった。これはハニーちゃんにまだ言わないでね。サプライズだから』

今日、仕事を抜けさせてもらって学校集会に行ってきた。ロータリークラブから送られるもので、$30の本代のGift Vouchreが入っていた。

去年自分の娘がAwardを貰った人は、『私は去年、ものすごく誇らしげにここにいたわ。』
と言っていた。ハニーちゃんが表彰されると、外野で見ていたお母さんたちが後から後から私におめでとうを言いに来てくれた。

それでも私の頭の中は何ではニーちゃんがこの賞を貰ったのかわからなくて、こっそり去年とった子のお母さんに聞いてみた。
『5年生全員が誰が一番フレンドリーかを投票するシステムで、ハニーちゃんが一番だったのよ・毎年学校に名前が刻まれるの。名誉なことなのよ』
どこに名前が刻まれるかも見せてくれた。

晴れ姿を親に見てもらいたいという子供の気持ちを汲んで連絡をくれた学校の先生にも、それくらいのことでなんて言わず、行ってきててあげてと出してくれる職場仲間にも感謝の日だった。

ハニーちゃんはお調子者で落ち着きが無くて、算数が苦手で逃げるのが上手で。。
勉強に関しては来年は本腰を入れてハニーちゃんに集中して理解度を増やしてあげなくちゃ。なんて心配ばかりしてしまうけど。2番目の子供だしちゃっかりしてるので、ついつい手抜き育児をしてきたが、そんなツケが子供に回らないように、手抜き無く向き合うことを来年の目標にしたところだった。
ついつい足りないところに目が行ってしまうが、本当に誰にでも親切でフェアな子なので、ソーシャルスキルは抜群だ。多分、この先、世渡りも上手いんじゃないかなとも思う。あるもの、得意なことが伸ばせるように後押しし、見守ることも大切だ。あんまり怒らないようにしなくては。。反省。。。
I Love Youと伝えるとすかさず、I Love You Moreと返すハニーちゃん。そんなSweetなところを失わずにもっていて欲しいなぁ~。

もう一つ、ドラマのスクールから特別クラスへの編入の知らせがメールできていた。
うん!今日はハニーちゃんの日だった。
頂いた$30で記念になる素晴らしい本を選ばなくちゃ!!
[PR]
by sonnenblumensan | 2007-12-18 21:21 | 子育て
<< 良いお年を~ 脱皮中 >>