Vlado's

♪冬も近づく八十八夜~~♪
ってなことで、八十八夜も過ぎました。メルボルンはいよいよ冬突入ですね。寒い昨今です。
でもまだ日中は18度、19度なので真冬ではないですが、、、

あっという間にメルボルンに来て8年目を迎え、いまや中堅永住者でしょうか?
本当に月日の経つ速さにめまいを覚えそうです。

そうそう、結婚して15年も経ったし!

その日、ANZAC DAYの祝日なのにダーリンは仕事に行った!!ので私はお友達の誕生パーティに出席。ご馳走を横目で眺めながら、その夜予約を入れたステーキのお店のことを思うと、もうそれだけでお腹がいっぱいになってきそうだったので、軽く頂き、少し飲んだだけにしました。

15周年はダーリンの希望でオージービーフ。RichmondのレストランVlado’sへ。
数年前に行ったときは一人$60のコースだったと思うけど、今は一人$80のコース。ワインセレクションはボトル$40~$80がメイン。メニュ-はズーット変わらず同じで、前菜に手作りソーセージと多種、肉のグリル。(のっけから肉!)キャベツのコールスローにメインの牛肉はポーターハウスかアイフィレ、400g か250gを選ばせてくれます。勿論、美味しいデイナーロールも付きます。私はポーターハウスの小さいほう、ダーリンは大きい方にしたのですが、ステーキ、もうあと一口が入らない。ウェップとなるくらいお腹がいっぱい。それでも、デザートのイチゴのクレープは別腹で平らげちゃいましたけど。
もう当分、肉はいいわ~~と思った私。ダーリンはさすが狩猟民族出身の肉食派。400gの肉を満足気に平らげました。すっごく幸せそうでした。。
その週はなぜかほとんど和食と中華ばっかり作ってたので、こういう食事に餓えていたんだね~。私がスイスで和食に餓えるように。。。
私は当分、牛肉を食べたくなかったけれど、その日、子供たちはピザしか食べてなかったので次の日はしゃぶしゃぶにしました。ダーリンまた嬉しそうに食べてた!!やっぱり、肉食派だわ~~。私はうどんさえ食べれたら幸せと言う心境でした。

Vladoおじさんは人の顔を忘れないことで有名だったとか。
もう引退されたと聞いていたのに給仕に出てこられました。亡き指揮者の岩城博之氏が常連だったそうで店内には写真が飾ってあります。池内淳子と関口博も。シューマッハ兄弟とか有名人が多く来ている有名店です。
数年前に来たときはちょうど日本の雑誌BRIOが撮影に来てた。そのときはまだ、Vladoおじさん現役で焼いていたのにな~。

最近はそんなにダーリンを餓えさせちゃいかんとバランスが取れるようにしています。昨日は一昨日作った鯵の天日干し、春菊ともやしのお浸しに、手作りキムチ、アサリの酒蒸し。セロリのきんぴら。お味噌汁。
今日はアサリ、イカ、蛸、海老、白身魚でブイヤベースとダーリンの焼いた焼きたてパン。
和洋折衷を目指してます。こういう努力を積み重ねて銀婚式を迎えねば!!

食生活が豊かになると気持ちもゆったりするし。寒い日は色々キッチンでごそごそ作るの最高です。
[PR]
by sonnenblumensan | 2008-05-03 20:28 | 徒然
<< Bloody Soul!! Social Event >>