<   2006年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ゴールデンウィーク

日本はゴールデンウィークですね!
こっちも木の葉が金色に輝くようなので、ゴールデンシーズンです。
(じゃあ、紅くなったのはレッドシーズンかって突っ込まないでね)
メルボルンは黄金色や深紅、黄色など、色とりどりの秋で綺麗です。風も爽やかで今日は本当気持ちの良い日でした。
小学生の時、先生に、『世界中に四季があるのは日本だけなんですよ』って教えられたけど・・
よくも、まあ、そんな嘘をついたものです。あの先生も。
その先生によく言われたことが『百聞は一見に如かず』。。。。。先生、自分を戒めていたのかな・・・。

今日は居候のベア君の誕生日でした。お母さんに電話するように勧めたけど、しなかった。やっぱり男の子はつまんないなあーー。そう思うと、まだまだ可愛い僕ちゃん。今のうちに可愛がっておこう。そのうち、お話もしてくれなくなるかも。

今日のお祝いディナーは手巻き寿司と、茶碗蒸し、赤だし。
ケーキは紅茶のシフォンケーキ。

添えの生クリ-ムの残りの半分をバターにしました。
フレッシュバターはおいしいです♪
[PR]
by sonnenblumensan | 2006-04-28 22:26 | 手作り

秋の匂い

4月、5月って私の中ではなぜかずーっと春だった。
気温的にこの時期は日本と変わらないし。イースターも春の行事だし。
ダーリンの誕生日も、結婚記念日も、私の誕生日もだったから。
紅葉を横目で見ながら、気分は春って、変な気分だったけど。

今日の夕方ふっと秋の香りがしたので、やっぱり今は秋だなあって感じた。
田舎から東京に出たときも、空が高くなって秋になるといつも感じてた秋の香り。
藁を焼いたような?あの香り。上手く表現できないんだけど。
私の中に幼少の頃からある秋の香り。今日はじめてメルボルンで認識した。
木の葉の匂いかな。

りんごが安くなってきたので、昨日はアップルパイを焼いた。
明日は居候のベア君の誕生日なのでバースディケーキを焼かなくちゃ!
[PR]
by sonnenblumensan | 2006-04-27 22:22 | 郷愁

物価

『オーストラリアは物価が安いんだって~。プール付きの家が2千万くらいで買えちゃうんだって?』
なんて言われたのは、もう、10年程前のこと。
12年前メルボルンに5週間滞在したとき、ガソリンは恐らく60c/L、くらいではなかったか。
100ドルも出せば、日本のスーパーにあるカートより、かなりでかいトロリーに食料品が一杯になったのにいまはトローリー一杯にすると$180は軽く超える。
5年前はトローリー一杯が$140くらいだから、着々とインフレは進んでいる。

今日はじめてガソリン1Lあたり、$1.4を超えたのを見た。まだ今月はじめて、$1.38/Lをみて驚いたばかりだったのに。いったいいつまで続く石油の値上がり・・・。
日本の70年の石油危機のようなパニックはないものの。もう、電車通勤に変えようかなと思えるようなガソリンの高騰ぶり。

おまけに、今日BILOで買ったブロッコリーは$6.98/Kg
で、一房だったのに、$2.65.・・・・・・それって日本並みいや、それより高いんでない?
いままで、2-3個でそれくらいだったよね?

バナナもクイーンズランドを襲ったサイクロンの影響か、高い。
そろそろ安くなっていいはずの白菜も$5.95/KG。キムチ作れないよ。それじゃ高すぎ。

日本もデフレはもう、終わったそうだが。

オーストラリアって何も安くないような気がする。。。
[PR]
by sonnenblumensan | 2006-04-26 22:18 | メルボルン

ANZAC DAY

4月25日はANZAC DAY の祝日。
アンザック(ANZAC)の正式名称は、Australia and New Zealand Army Corps。第1次世界大戦で、アンザック軍と呼ばれるオーストラリア、 ニュージーランド連合軍は1915年4月25日、トルコのガリポリ半島においてトルコ軍と激戦を交え、その結果多数の犠牲者を出した。ガリポリ上陸の記念日。毎年、戦没者の追悼式典が各州でも行われる。Cityでは軍の行進があったそうだ。

さて、この日は私たちの結婚記念日。
日本にいたときは、普通の日だし、ダーリンが仕事で日本にいなかったことも多くて、最初の2年くらいしかお祝いしなかったけど。
こっちにくれば、祝日と重なりいつもお休み!
10周年の時にはスイートテン!!とあんなに約束(一方的に)したのに、家族でニュージーランド旅行になってしまったし、一昨年は日本へ行ってたし、去年は友達の50歳の誕生パーティーへ行ったし。このところお祝いがなかった。ので、昨日はT&Tに子供たちを任せて二人でお祝いすることに。

まず、行き先を決めるのもめて。いやいや、今日ばかりは喧嘩をしないと心に決めて、持ち直し。(何とか)

結局、クラウンカジノで映画を見て。ちょっと賭け事して負けて。。
Water FrontでDinnerして。おいしい蟹料理に舌鼓をうち、気がよくなって、仲直りして。

13年って微妙な期間です。長いようで短いようで。この先ずーっと添い遂げると思うと、あんまり妥協も出来ないけど。助け合って、励ましあって、仲良くしていこうね、ダーリン。
もうちょっと、私のことも妥協してくれると嬉しいなあ~~。
f0097189_21515812.jpg

[PR]
by sonnenblumensan | 2006-04-26 10:25

Hair Cut

何もかも、自分でやってるわけじゃないんだけど。
実はダーリンの散髪も私がやってる。僕ちゃんのも、ハニーちゃんのも。
さすがに自分のは出来ないけど。
日本にいた時から子供達の髪は私が切っていた。すごーくびよういんを恐がったので。びょういんじゃないのにね。

『結構上手じゃないの、私』  また、手前味噌で始まり。
泣かせても家なら平気だったし。

今では定期的にダーリンの髪を切る。美容師のゆきえちゃんにも、上手に出来てますよ~なんて言われて、気をよくしたから。

勿論、他の髪型には出来ない。ずーっと同じヘアスタイルなダーリン。段々白い物が増えてきた・・・
僕ちゃんたちの世代は、髪の短いのは流行ではないらしい。
ま、七三に分けたまじめ髪型の子は今時プライベートスクールでもほとんど見ない。
僕ちゃんは髪が伸びると自然カールになる、カールさせたいハニーちゃんには羨ましいらしい。
僕ちゃんの髪、ぞろぞろ伸びてうざそうで本当に切りたんだけど、なかなか切らせてくれない。天パー(天然パーマってひょっとして、死語?)のおかげでかろうじて見るに耐えられるけど・・・

そういえば、日本のアイドル(?)の男の子たちも長い髪だな・・・って、ほとんどし知らないけど
[PR]
by sonnenblumensan | 2006-04-23 15:04

Happy Birthday Darling

今日はダーリンの誕生日でした。やっと厄が離れて嬉しい♪
ダーリンの本厄の年には、実家の母が神社へお守りを受けに行ってくれた帰りに事故にあってしまいました。まるで母が厄をかぶってくれたのかのようでした。そのおかげか大きな事故も病気もなく、無事後厄も過ぎました。感謝~

出会った頃は私より年下に見られてたダーリン。(というか、私はよく、歳のわりには落ち着いていますねといわれていた。それって、ただ老けてたって事?)
今では恰幅の良い人になっちゃった・・。(それはお互い様だけど)

ダーリンは記念日とか誕生日とかあんまり気にしない人だけど、私は、大切にするので、毎年小さくてもケーキを焼いて必ず、お祝いします。(で、私のはあんまり気にされない)
まだまだ若いんですが、でも、やっぱり生きていられる事に感謝しないとね!
ダーリンは、お前なしでは生きていけないと、よく言ってくれますが(おのろけ~)
こんな異国で、子供抱えて、私こそ、貴方なしでは生きていけない。生活が~(笑)
リタイアしたら二人でオーストラリア中をキャンピングカーで周るのが夢って言うんですが、それならば!健康的にもう少し痩せてね♪

今年は朝から忙しく飛び回り、しかも仕事も有ってケーキをいつ焼くか悩んでいたら、居候T&Tが学校がお休みで二つも焼いてくれました。感謝~。なんでも一人で抱えてはいけませんね。
スイスのお義母さんのように、テーブルセッティングをして、ワインを開けて、スイス料理でお祝いしました。スイスの両親からもお祝いの電話がありました。
ハニーちゃんは粘土細工の置物を手作りし、僕ちゃんはスイスチョコレートプレゼントしてました。私からのプレゼントは秘密。

とっておきは、ヨーロッパに住む彼の産みの母からお祝いの電話があったこと。良かったねダーリン!誕生日って産んでくれた母に、産んでくれてありがとうって言う日だと思う私。私は時々言ってます。実家の母は忘れてるけど。(多分)

これからも健康で、幸せでいてね、大切なダーリン♪
Happy Birthday !!!
[PR]
by sonnenblumensan | 2006-04-19 22:17

Easter Holiday

イースター(復活祭)が今年もやってきて、去りました。
春分の日から数えて、初満月の日がGood Friday。なので毎年、イースターのホリディは違う日になります。
イエスキリストが十字架に貼り付けられたのがGood Friday。3日目の日曜日に生き返り復活したのを祝うのがイースター。キリスト教のこのお祭りは、通常一学期の終わりの秋休みにくっついているのですが、今年はコモンウェルスゲームの為に、秋休みは既に終わって、イースターのお休みだけになりました。一昨年に日本へ帰ったのもこのお休みを利用して、でした。
去年はグランピアンズへキャンプに行きました。
今年はNSW州の南端のほうの町Merimbulaへ(冬はホエールウォッチングができる町)へキャンプに出かけました。
Good Fridayに出かけたら道が込むからと、木曜日からはるばる600KMほどの道のりを車で、トレーラーを後ろにくっつけて出かけました。
1月にもこの道を義理パパ&ママを乗せて旅にでたな~。
600KM?一日でいける距離は近い。ってかなり距離感覚がオージーに近づいてきた私。
スイスの義理パパ&ママは『600キロ?スイスなら隣国に出てしまうな~』って驚いていたっけ。
トレーラーには、テント2つ。ランプにクッキングの物、テーブルに椅子。食料、マットレス、スリーピングバッグ。つり竿、3本。ボディボード、テニスラケット、自転車。などなど、勿論水着も詰め込んで何しろ、居候のT&Tも連れて行ったので大所帯。大荷物。
途中で、僕ちゃんは車酔いしてました。。
キャンプといってもこっちのキャンピング場は、テニスコート、プールつき。ゲームコーナーにBBQエリアがあって。シャワーも綺麗で、洗濯室もあるし、ホリディパークはただ、寝るのがテントで、外で料理するくらいが普通と違うかな?
キャンプ場の前の海辺で、潮干狩りをしてしまいました。
僕ちゃんの足に触ったアサリ(PIPPI)を拾ったのがはじめで、それからみんな燃え出して。。
キャンプだから自給自足だ~!!とばかり、頑張りました。取れたてアサリのバターの塩焼き上手かった~。
翌日は飛行機の爆音で目が覚めました。すぐ近くに小さなAir Portがあって、セスナ機くらいならいいんだけど、REXという小型旅客機も有って。6時前にどうやら飛び立ったみたい(起こすな~)午前中に町に繰り出し、お散歩。その後はテニス、そしてプール。のんびり過ごし、その次の日は朝から釣り!結果は、カワハギが4匹。もっと釣れたらしいけど、釣ってよい魚のサイズがそれぞれ決まっていて、小さいのはリリースしなければなりません。
ペリカンもいるということは、魚もいるということだ~って頑張った僕ちゃんたち。お疲れ様~。
魚を釣った時の笑顔がママへのプレゼントだね。
その夜はボートを持ってるお友達が、やっぱりつりに出ていたそうで、一杯釣れて、いらない分上げるって持ってきてくれました。鯛や、カワハギを・・・。しかも綺麗に掃除して。頭も捨ててありました。(残念、頭もあれば鯛かま、食べられたのに~。)鯛は刺身に卸していただきました~。おいしかった♪
BBQステーキの日が多く、ビールも上手っ!その後しっかりフレッシュチーズにワイン♪
これを毎晩やっていたら、キャンプなのに・・・体重が2キロ以上増えて(たった4泊5日で)
目が点(--;)

帰りは日本を彷彿させる大渋滞に巻き込まれ・・やっぱりお盆の帰省ラッシュみたいでした。
f0097189_22504736.jpg

[PR]
by sonnenblumensan | 2006-04-18 23:32 | 旅行

翻訳こんにゃく

アニョンハセヨ~。今日はオモニになってキムチ、作りました!!
もうすぐ、キャンプに行くので、冷蔵庫の中に白菜を残しては行けないからです。
韓国人のお友達に教えてもらった本格キムチ。材料はこれ。
f0097189_2216315.jpg



で、出来上がりがこれ。

f0097189_9112297.jpg


何年か前にお友達が韓国語のレシピを日本語に翻訳ソフトを使って翻訳してくれたものが、超可笑しいの。

白菜10個(30KG)
太い塩3KG・・・・・ふ、太い塩?
水15L
大根3個4.5kg
パ□ 800g(たまねぎ10個、にんじん10個)
にんにく10個、しょうが100g
唐辛子1kg
暖かい水2コップ
塩辛350g、セングクル200g
塩、砂糖。

1、生き生きしぃ白菜を選んで口金色な外葉っぱは離して大きい筒は四等分して小さなことは半分で割る。
2、分量の太い塩を少し口して水に溶いて割った白菜を塩水に浸した引き上げて白菜幹の方に少しずつ振りまいて割った口面が上に□る用に大きい毒だが、大きい入れ物のきちんと盛ってつける・・・・・え~毒を盛る?
3、絶人白菜は冷や水で水を□えて行ってきれいに濯いで引き上げて水口を切る。お手上げの大きいことはまた半分で割って太い根部分を切れに快る・・・はは、もうお手上げか~
4、束ねぎ(たまねぎ?)冠、せりは整えて洗って、4cm長さで切手、大破は(大葉?)白い部分だけオッスオッスするように切る・・・どんな切り方ですか~??
5、生姜、ニンニクは皮をむいて洗って水口を切って絶句に押し堅めてあみの塩辛は具だけ引き上げて太く押し固めてづけ汁は□す。・・・・・ここまで来ると、もう絶句です。
6、略
7、セングクルは皮をつまみ出してスムスムした塩水に濯いで洗って引き上げる。・・・ウムウム。いや、スムスム。。
と、一事が万事こんなんで、抱腹絶倒のレシピだったんですが。。
彼女のレシピは使わず、他の韓国人のお友達のレシピで作っています。
ドラえもん。私にも翻訳こんにゃくおくれよ~~。

今は家中がキムチくさいです。

カムサハムニダ~。
[PR]
by sonnenblumensan | 2006-04-11 22:53 | 手作り

手前味噌

幼い頃、アルプスの少女ハイジが大好きだった私。おじいさんが作りるチーズ、椅子、おもちゃ、そりに感動していたのを覚えてる。その影響が潜在的に残っていて、スイス人と結婚したのではと友人に言われたときは妙に頷いてしまった。だってうちのダーリン日曜大工得意だし。子供の勉強机や本棚も手作りしたし、壁をくり貫いてワードロープを作ったりして。超起用かつ精密。
私も手作りは好きだ。暖かい感じが好き。私は不器用なので手作り好きなだけで得意ではないけど。
小学校4年生の時に図書室で借りた岸朝子著のお菓子の作り方を読んで、感激した。
クッキーやクラッカーまで、自分で作れるんだ~って。手始めにプリンから作ったのを覚えてる。

メルボルンに来て、手に入りにくいもの、ないものを作ってみるのがなんとも楽しい。ハイジのおじいさんになった気分。
ビクトリアマーケットにて小豆をキロで買って、あんこを作って冷凍しておけば、何時でも気軽に大福が出来る。今日は大福を作りました~。今日のあんこの出来は上々!
f0097189_22494322.jpg

因みに、スイスでは生のうどんが手に入らず、思わず手打ちうどんを作ったっけ。
餃子の皮まで手作りした。そう思うとメルボルンはアジアの食材に恵まれているな~。
でも、手作り餃子の皮や、手打ちうどんって本当においしいと思う。ちょっと贅沢な感じすらする(手前味噌)

手前味噌といえば、グループで手作りしていたのだけど、大豆をつぶす機械を持っていた友人が帰国してしまった為、この手前味噌クラブはやむなく解散となった。
手前味噌だけど、本当に手作り味噌、いけてました~。ダーリンは味噌は味噌だろなんて言うので、この味が分からぬ奴に食べさせるのはもったいないと思っていたけど、今は居候のT&Tが喜んで食べてくれるので、あっという間に無くなった。。(最後の手前味噌~)
[PR]
by sonnenblumensan | 2006-04-06 23:15 | 手作り

Daylight saving

4月2日はF1 Grand Prixでした。
メルボルンのアルバートパークで毎年開幕戦が行われますが、今年はコモンウェルスゲームの為に第3戦となりました。
鈴鹿のすぐ近くに住んでいたにもかかわらず、一度もF1に行った事のない私。
メルボルンも近くにすんでいるけど私はパス。あの爆音に耐えられそうもないので行きませんでしたが子供たちとダーリンと居候は観戦に行きました。
朝、5時半に起きて、みんなのお弁当を作り、お茶とコーヒー、お菓子、椅子やピクニックシートを持って、朝7時半の開場前に並ぶ為に6時半に家を出ました。
すっかり朝夕は冷え込んで寒くなってきたメルボルン。
防寒着きせて、会場へ送って行きました。朝7時半にはもう、自宅に戻れて、久々、私だけの日曜日!!早速、朝風呂に浸かり ゆる~とくつろぎタイム。
その後コーヒーを飲みながら、音楽を聴いて・・・・。
いけばなの先生に電話してアポイントをとり、いけばなのお稽古へ。
帰りに買い物に行って、帰宅すればちょうどF1。寝転びながらテレビで観戦。

コモンウェルスゲームの為に通常より一週間、夏時間が終わるのが遅かったメルボルン。
4月2日に夏時間は終了し、日本との時差もまた1時間に戻りました。
そのおかげで、朝は早く起きたけど、前日までの6時半と一緒だから身体にはさほどきつくなく有意義な休日を送れました~。

F1のタイヤの関係でメルボルンにお越しになった某会社の方は、F1のチームに1000個ほどのタイヤを運ぶのだと仰っていました。たいへーん!!
この方に球磨焼酎という物を頂きました~。ありがとうございました!!いい人だったな~
(こういう人はすぐにいい人のカテゴリーに入れちゃう♪)

で、夏時間が終わった途端にメルボルンは寒くなりました。
ヒーター入れたいくらい朝夜寒いです。
明日は最高気温が17度。これから段々、冬に突入って感じです。

来年はまた開幕戦に戻り、3月はじめでそんなに寒くないでしょうから、来年こそ観戦に行こうかな。
[PR]
by sonnenblumensan | 2006-04-05 22:13 | メルボルン