<   2006年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

寿命

寿命と書くと寿の命で、(そのまんまやないかい)なんだかありがたい言葉のようにも聞こえてくる。ま、寿命というと、抗えない自然の摂理のような感じもする。なんだか、諦めがつく言葉である。何かと寿命だったと言ってしまえば、無理しても納得するように努めたりもする。

世間ではこれでもかというように、様々な事件がおきている。日本のニュースはネットでチェックしている。オーストラリアのニュースはSBSのニュースが好きだ。他のチャンネルの比べて色々な国のニュースを押さえてる。当たりまえだけどオーストラリアではオーストラリアのニュースが占めている。ローカルのテレビを見ただけでは世界で何が起きてるか把握できない。(で、してないけど)今でこそインターネットでニュースを検索できるけど、なかった頃、日本にいた外国人の友人たちは『日本にいると世界で何がおきているか分からない!』と嘆いていた。まあその頃はケーブルテレビも持ってる人のほうが少なかったし。

あんまり世知辛いニュースが続くので、フォローもしたくなくなるし、暗澹とした気持ちにもなる。理不尽な殺人事件が起き続けているが、やりきれない気持ちになる。
心身すり減ってしまいそうなので、感情で受け止めないで流すようにしている。客観的に事実だけを把握するように。。。が、この福岡の幼い3児が亡くなった事故のニュースは見ただけで涙があふれてしまった。こんな事故を寿命と思える人はいないのではないかと思う。心から3人の幼いお子さんのご冥福を祈るばかりである。また、事件を起こした人に憤りも感じるが、その人にも親はいて。身からでた錆とはいえど、辛い事件だ。

ああ、また気持ちが・・・・

私は何の寿命のことを書きたかったかというと、私の車の鍵のこと!
前々からふにゃとして頼りないなぁとは思っていたが、今日買い物に出かけたサキで、ボキッと折れてしまったのである。顔面蒼白!どうしたらいいの~~。うろたえながらもダーリンに電話。よりによってダーリン仕事が物凄く忙しい日らしかった。
『なんで馬鹿力だすんだ~!!』
そんな怒んないでよ。こっちだって好きで折ってないんだから!立ち往生しながら鍵屋さんを探す。見つけたけど、担当者が後30分くらいしたら来るから後で来るようにいわれ、仕方なく買い物を済ます。スーパーグルーを気休めに買ってため息・・・
そんなところへやっとダーリンから電話、あとちょっとしたらスペアのキーを持って行くから道で待ってて!!って。
ダーリンから鍵を受け取り、再度鍵屋さんに行く。車の鍵は通常$100以上かかると以前何処かの鍵屋で言われたことがあった。恐る恐る幾らか聞く。えっ$3??本当に出来るの?車のキーだよ?でもやっぱり$3でやってくれた。さすがスプリングベール。べトナミーズは何でも来い!って感じよ~。不幸中の幸いだった。
もう、15年もたった車だもん(これってこっちじゃ普通だけど)。これこそ、そろそろ寿命なのかな~。新しい車ほしいな・・・。
[PR]
by sonnenblumensan | 2006-08-29 23:39 | 徒然

Last Party

f0097189_10451039.jpg

僕ちゃんの誕生パーティも無事に済ませた。
総勢13人の微妙な男の子たち。みんな小学校2-3年の時からのお友達。ここへ来て随分背丈や、雰囲気に違いがでてきた。もう、私より背の高い子もいるし、まだまだ、小学生みたいな子もいる。みんなWell mannersの子供たち。良い子に育ってる。

大人びた口調になってきたけど、ゲームに夢中な少年たちはやっぱり、お子様である。
おや、ダーリンまで、ゲームをしている顔は少年顔になってる・・・(男って・・!)

私も挑戦した運転するゲーム、運転していたらなんと、首都高だった!!
『わー!!これ日本の首都高やん!!!』と、色々ぶつかりながらゲームを終える。
『ママ、知らなかったの??これ、有名なゲームで、僕も持ってるよ』
僕ちゃんがどんなゲームを持ってるかなんて知らなかったな。今度一緒に遊んでもらおうっと。

中学生にもなるとプレゼントももう、おもちゃじゃなくなる。誕生パーティのプレゼントの相場は平均$20といったところ。中学生の欲しい物は$20じゃ買えない物が多いらしい。で、小学校の高学年くらいから男の子は商品券や現金が増えてくる。ちょっと、現金って・・・あからさまなんだけど。まあ貰うほうはそれでよければOKか。。ちょっとつまんないけど。

その点、女の子はアクセサリーや文房具、選ぶ物もたくさんあって嬉しい。

誕生パーティするほうも大変だけど、呼ばれるのが週末に重なると、呼ばれた子へのプレゼント代がかさむ(^^;)それでも、ソーシャルライフは充実させて、ソーシャルスキルを磨かなくては!なのである。

これで、今年の家族全員の誕生日がおわり、暫く静かになりそうだ・・・

写真は、グランピアンズの山から(今年はじめのブッシュファイヤーで焼ける前)僕ちゃんが写したものです。
[PR]
by sonnenblumensan | 2006-08-28 10:24 | 子育て

Thank you letter

木曜日、ハニーちゃんの小学校で、OPEN DAYがあった。
多くの来年入学するプレップの親子が、見学に訪れた。在校生たちは、そのちびっ子の手を引き、教室を案内し、親からの質問に応える。

プレップのときのハニーちゃんは、大きなお姉さんたちにかわいがられて、いつもハグしてもらってた。いつもいつもハニーちゃんをかわいがってくれたり、助けてくれる子達にお礼は言っていたけど、その子の名前を聞いたりはしなかった。

ハニーちゃんは4年生、来年はもう5年生で高学年になる。(ひえ~早い!!)
小さい子が大好きで、よく妹赤ちゃんが欲しいとおねだり(?)された。最近はさすがにあきらめたのか犬が欲しいとおねだりされている。

で、今日ハニーちゃんは本当に本当に嬉しそうに、Thank you letter を見せてくれた。
OPEN DAYにお相手した子のお母さんからだった。

TO ハニーちゃん
Thank you very much for the touch of the school last Thursday.
You are able to answer all our questions and you made sure we saw all inportant and interesting classes and activities.
You were great and we thank you very much for your time and enthusiasm,
From Lyn,Jemma,and Kari

ハニーちゃんは先日のバースディパーティに来てくれた子みんなに手作りのThank you Card を書いて渡していた。プレゼントしたほうも、喜んでもらえると嬉しいと思う。
Thank you をLetterやCardに書いて伝えると、喜びが二重になる。

気持ちでは思っていても伝えなくては伝わらない。
そのうち書こうでは、感謝の心は伝わらない。以心伝心では誤解を生むこともある。国際結婚をして言葉に出すことの大切さ、伝え方の大切を感じることは多々ある。ついつい、その場限りでやり過ごしてしまうこともあるし、メールや電話で、お礼など簡単に済ませてしまうことの多い私だが、こうして手紙を貰うのは本当に嬉しいことだと思う。

筆マメになりたいものだ・・・
[PR]
by sonnenblumensan | 2006-08-25 23:04 | 徒然

今年こそ・・・

17年前に編み始めたダーリンのセーター。編み始めて1ヶ月で前身ごろと後身ごろ編んじゃったけど、袖で躓き、それから16年もの間箱の中に閉じ込められていた。今年こそ仕上げようと思い立った。
裁縫が得意なSueに泣きついて教えてもらうことにした。

一時期はカーディガンまで編んだことがあるというのに、忘れたものは綺麗さっぱり忘れた。編み方は覚えてるけど。。

この17年の間に、幾度住まいを変わったか。。結婚し、2度の引越し、海外移住後も2度の引越し。そのたびに、アー、まだ編みかけだった~。と思い出し、また箱の中に・・・。

17年前編み始めたときに、ちょっと大きかったセーターもダーリンの成長(?)のおかげでサイズはぴったり!色もなんだか老けて見えそうと、あまり気に入った色ではなかったようだが、今ではすっかりおじさんだもん!!ぴったり!!!

編み物が嫌いなわけじゃない。その間、赤ちゃんだった僕ちゃんの帽子やハニーちゃんのマフラーなんかも編んだもの。乗り気じゃないと出来ないんだ・・。なんでもそうだけど。

母は結婚してすぐに父のベストを編み始めたらしい。子供の頃、編みかけをt見つけて幾段が解いてしまったことがある。さすがに悪いことは分かってて、そおっと元に戻しておいたが、、、
父が亡くなっても出来上がってなかったのは覚えてる。お母さん棺おけに入れてなかったし。。。あれはまだ43年経っても実家にひっそり眠ってるんだろうな。。
因みに母は洋裁師なので、裁縫が苦手なわけではない。(私は決して得意ではない)

母の二の舞にならないように、今年こそセーターを仕上げたい。。
そろそろ、冬も終わりだが。。。。
[PR]
by sonnenblumensan | 2006-08-24 10:46 | 手作り

JOY

ハニーちゃんのBirthday Partyを日曜日に開いた。招待客は14人。
12時に子供たちは我が家へやってきた。ほんと、15人も子供がいると、家の中が子供子供子供・・・・子供だらけ。(当たり前だけど)

朝からお掃除、風船を外や家の中にデコレートする。我が家にホームステイ中のT&Tがケーキを焼いてくれたのをデコレートしてくれる。ダーリン、掃除機かけたり、モップかけたり、バルコニー片づけてくれる。ハニーちゃんは準備のお手伝いにサマンサを早く呼んで、結局二人で遊んでる。

15人の少女たちのランチはパーティパイ、ソーセージロール、チキンナゲット、シュウマイを1キロづつ用意しオーブンで焼く。フェアリーブレッド、コーンチップスとディップを用意し、ポップコーンを作るも、なぜかあまりポップせず、気持ち固めのポップコーン。
バルコニーの大きなテーブルにでんと全部置いて子供たちが銘々に好きなものをとって食べるようにした。まぁ、勿論の事ながら、うるさい。そこへ僕ちゃん、朝からなにも手伝わないなぁと思っていたら、女の子一人一人に飲み物を聞いて配り始めた。おー役に立ってる!!

その後、Pass the percelと言うゲームしたときも、しっかり音楽をつけたり停めたりする役わりを買って出てくれた。そしてその次に私が折り紙教室をしたときも、結局僕ちゃんが説明と一人一人のフォローをしてくれた。

いつのまにこんなに役立つ子に育っていたんだ~。母嬉し。

その後総勢15人を4台の車で映画館に連れて行った。『Hoodwiked』をちゃーんと予約済みだ。引率は勿論、わたくし。
おトイレは一人で行かないこと。勝手に立ち歩かないこと。どこかへ行きたい時は必ず私に言うこと。と、子供たちにお約束させ、一人一人にりんごジュースとチップスの袋、ローリーバッグを渡した。
キャーキャー嬉しそうな子供たち。。。先生って大変だよなぁ・・・と思いながら、席に着く。隣に座ったおじさんには、いったい何人連れてきたんだい??って目を丸くされた。映画が始まればどの子も静かに笑いながら見てる。やれやれ。
おじさん、後で『凄いね~。君んちの娘は幸せ物だね~』と褒めて(?)くれた。

そうだよ、おじさん、見よ!ハニーちゃんの嬉しそうな顔!!これこそ私たちのJOYなんだよー。。

(すっごく大変ですけど)
[PR]
by sonnenblumensan | 2006-08-22 10:36 | 子育て

ハナ金

花金。今でも日本では花金でなんて言葉、使うのだろうか。やっぱりもう、死語かなぁ。。

今日は花金!
隔週で金曜日はお休みを貰っている。花の金曜日♪の花金。
で、今日は、ショッピングセンターの中にある、エステ、マッサージのできるスパへ行った。お誕生日のプレゼントに頂いた券がまだ残っていたので。期限切れの前に使う意図で。

ショッピングセンターの中のスパっていったいどんなん???って想像がつかないまま、予約を入れた。45分のマッサージコース。フットバスの後、足マッサージ。その後肩、首、顔、頭で$49。たくさんの色々なコースがある。脱毛やネイルだけというのもある。

部屋に入るとベッドがあり、ほんとうに丸い五右衛門風呂のような大きさのスパがある。お香と蝋燭の灯、ヒーリングミュージックで、リラックスしなさいという、半ば強制的な感すらする施術場所である。前回行ったチャイニーズの指圧のような力強さはないが、気持ちよく、またうつら、うつらと眠ってしまった。

終わった後にマッサージしてくれたインド人の女の子に今日はどうするのと聞かれて、そうね~ジムにも行ってないから汗でも流そうかしらと言ったら、『今日はリラックスする日にしなくちゃ!ジムなんてマッサージする前に行くもんよ!』と言われて。あっそう、とやっぱり今日はジムは止めた。

変わりに行ったのが生け花。先生のお宅は家庭菜園が立派だ。南瓜や牛蒡も作ってると言う。牛蒡、確かに買うことは困難なので家でできるといいけど、掘り起こすのがえらく大変らしい。。。うーん、季節に小さいの2本で6ドルくらい。日本の長い牛蒡の1本分位で$6は、贅沢品だ。
で、今日は先生にアロエを株分けして頂いた。ありがとうございます。別名医者要らずである。子供の頃、おたふく風邪になったときにほっぺに当てて、頬被りされた口です。(分かるかなぁ~?)
で、そのアロエをポットに植え替えていたら、斜め前に住むコニーおばあちゃん、カーメリア(椿)の切花を束にして届けてくれる。前庭いじってるとすぐに近所さんから声をかけてもらえる私は幸せものだなぁ~。(みんなよく見ていてくれてありがとう)コニーばあちゃん、私たちのストリートに住んで69年になる。いつも20数年前に亡くなったご主人の話になる。愛してたのね、ご主人を・・・会う度に同じ話をしてくれるけど、聞く度に新鮮に驚いて見せる私であった・・・。

と言うわけで、お花がいっぱいになった花金なのであった。
[PR]
by sonnenblumensan | 2006-08-18 23:21 | 徒然

春告鳥

今日は旧盆なんですね。そして終戦記念日。
f0097189_9353371.jpg

蝉の声も、照りつける太陽も、じっとりと絡みつくような湿気も無い、メルボルンではすっかり忘れてしまいそうになります。そうそう、兄殿お誕生日おめでとうございました。
墓参りもままならない距離にあると、盆の墓参りの時に川に流した提灯と蝋燭の匂いを懐かしく思い出します。浴衣と、団扇と蚊取り線香、蝉時雨、にわか雨、線香花火。

真夏の出産だった子供達の誕生日も、今はクリスマス替わりの大きな冬の行事です。
このところメルボルンは暖かくなってきました。もう、昼間は分厚いコートやマフラーなんかは要りません。オージーは基礎体温が日本人に比べて高いからか、既に半そで、T-シャツの人がちらほらいます。ま、そろそろ春ですから。日本人には37度って微熱ですが、白人には37度って平熱なんですって。ダーリンに37度も熱があるからしんどいというと、びっくりした顔で、それって熱じゃないよ。普通だよって言うんですよ~。私、平熱35.5度という、ちょっと低体温人間なんですけど・・・。私がよく寒い寒いと言っているのは血の巡りだ悪いからといい続けるダーリン。だからさぁ、平熱低いんだってば~~~。

この日曜日はダーリンShedを作り始めて、なんだか忙しそうでした。でもあんまりいいお天気だったので僕ちゃんと僕ちゃんのお友達を連れてビーチへ行きました。気持ち良く、ビーチで読書。でも、春間近とは言え、やっぱりビーチは肌寒くおかげで少し風邪気味になってしまいました。

f0097189_9362273.jpg


春になると、春つげ鳥ならぬ、マグパイが産卵期に入って人を襲うんですよ!恐怖の鳥。。。
メルボルンにいる皆さんは気をつけてください。日本の夏の方は夏バテなさいませんように。残暑お見舞い申し上げます。。。
[PR]
by sonnenblumensan | 2006-08-15 22:31 | 徒然

捨てないで、Part 2

ハニーちゃんの小学校主催のディスコパーティが金曜の夜に催された。
ハニーちゃん、プレップ(日本で言うと幼稚園の年長さん)のときから、欠かさず、このディスコパーティに参加している。
男の子は髪の毛立ち上げて、女の子は髪の毛にキラキラスプレー振りまいて、COOLな服を着てお出かけだ。勿論、DJもいるし、ミラーボールもある。音もガンガンのいっちょ前のディスコルームで、である。学校への寄付金集めの一環の行事だ。チケットは$7。当日券は$10。プレップから2年生までのジュニアはみんな、兎に角大騒ぎで踊ったり追いかけっこしたり。3.4年生のミドルスクールになると、シャイな男の子は、見てるだけ~女の子は踊りまくり。5.6年生シニアになると、マセ君たちは女の子と踊ろうとするし、オクテ君たちは相変わらず、見てるだけ~。女の子だけは踊るか、おしゃべり。

ハニーちゃんのクラスメイトの女の子には男の子から一緒に踊ってといわれた子もいたと、ちょっと興奮気味のハニーちゃん。ハニーちゃんは誰かに誘われた?ってきいたら、名無しのLOVE NOTEが引き出しに入っていたけど、誰かわかんなかったらしい(残念♪)

『そうそう、ハニーちゃんが好きだったD君じゃないの?』
『Mum! I dumped him』 ママ、彼なんて(大分前に)捨てちゃったわ!
振られたのか、振ったのか、照れ隠しなのか。。ま、何でもいいや、君にはまだ早い。
Dumpedなんて!

ごみはThrow away。男は(女は)Dump

どちらもよく考えて捨てましょう・・・
[PR]
by sonnenblumensan | 2006-08-12 21:16 | 子育て

捨てないで!

f0097189_2251378.jpg


昔の男にそんなことを言ったことはありません。(はぁ?)

男の話ではなくて、鮭の頭の話。
先日、Hamptonの魚屋さんでマグロとサーモンを手巻き寿司のネタ用に買いに行った時のこと。マグロをみて(For Sushiと書いてある。)『これ?もっと良いのないの?』と優しく聞いて見ると『あるよ、今出してくるから待ってて』と真っ赤ないい色をした新鮮なマグロを出してきてくれた。
$48/KG。マグロならこんなもんでしょう。300gといったのに量りの上には400gをかなり上回る量のマグロが。でも折角出してきてくれたし、まぁいいやとその量を買う。

この魚屋は2年ほど前にオープンした。そのときに買いに行って、その時にも物凄くいいマグロを買った。『僕はね、日本へマグロを輸出してる友達から直接買うんだ。だから日本にあるものと変わらない物が買えるよ。僕はね、寿司刺身大好きでしょっちゅう食べてるから!!』
なんて言う割には目の前でマグロのブロックをステーキサイズに切ってたりして。折角ブロックだったのに、何で薄くするのよ(怒)なんて思ったけど。それでも、時々、思い出したように行く店だ。

で、今回はマグロを多めにサーモンを少なめに買った。サーモンも、『ちょっと待って。いま、新しいの卸すから』と、また奥へ入りサーモン姿ごと出してきた。
ぱん!と頭を切り落としプラスチックの大きな容器に入れる。
私は思わず『え!それ捨てちゃうの?』と聞く。
『欲しい?あげるよ!知ってるよここはベストパートだよね。僕も食べるけど、毎日は食べられないから、あげるよ!』と、言って他のサーモンの頭2個と三枚におろした中一枚を、ただでくれた。これで鮭かまと、鮭フレークが出来るわ♪でも、この人がサーモンの頭を食べるとは思えない。日本人もよく来る店になったので恐らく日本人の奥様が教えたのだろう。そうして、『捨てないで!』と私のように叫ぶ奥様がきっと他にもいるに違いないとよんだ。このサーモンの頭、スプリングベールというベトナム人街のような町ではちゃんと値段がついている。得した気分にしてくれてありがとう、魚屋のオヤジ~!!

そして、うちの斜め前にすむクリスティーナおばさん、ここのところ庭師が出入りして、なにやらフロントガーデンを手入れしている。梅なのか、桃なのか、彼岸桜なのか、兎に角綺麗な桜のような木を剪定してしていた。庭師の車にはトレーラーがついていて、ごみを持って帰るようになってる。またまた、思わず、『捨てちゃうの?』と聞きに言った私。
『うん、捨てちゃうよ』
『捨てるのならほんの2-3枝貰ってもいい?私、フラワーアレンジメントやってるの』
『おお!!それはいいねぇ。勿論だよ。持っていって!綺麗に飾ってね』
しっかり頂いてきましたよー。

何でも捨てないでって言ってみるもんだ!!
[PR]
by sonnenblumensan | 2006-08-11 22:45 | 徒然

船便

6月、日本に里帰りしたときにメルボルンへ向けて荷物を船便で送った。ハニーちゃんと私の洋服や靴。僕ちゃんの漫画。有ったら便利なトイレクイックルやパイプ洗浄剤、固めるテンプル。日本のほうが断然安いし、固めるテンプルの類似品なんてこっちじゃ見たことない。コンタクトの洗浄液や、歯ブラシも日本の方が安い。文房具などは同じ位の値段はするが、同じ値段なら日本の物の方が品質が良いと思う。

ま、色々買ったものが約2ヶ月を要し、やっと我が家にたどり着いた。昨日は実家の母が子供達の誕生日プレゼントを送ってくれたものが着いた。こちらは日本を出てから1週間で着いた。EMS便だから。送料は共に9千円弱。総量は船便のは13キロ、Air便のは5キロ。

以前にも書いたが子供達の誕生日は同じ日だ。よくも、まあ、偶然にも、無計画妊娠の超自然分娩で同じ日に産まれたものだ。ハニーちゃんが生まれた日は朝から僕ちゃんのケーキを焼いて(ヒッヒッフーと呼吸法をしながら)お昼に実家の母と兄がお祝いに来てくれて、そのまま午後産院へ直行した。僕ちゃんが9歳くらいまでは同じ場所で誕生パーティーをしたけど。さすがに3才違いで男女差があると、もはや同じ内容のパーティーはできない。しかもこちらのパーティーは派手?だし。10人くらいのお友達を呼んで、会場を借りたり家でやったり。必ず、お土産にローリーバッグを渡し、来てくれてありがとうと子供たちに言わせるのが決まりだ。主役になれる日、子供たちは大騒ぎになる。

二人誕生日が一緒だと、こういうパーティのとき、結構な出費になる。大体日本円で3万円は下らない。可愛い子供達の幸せな笑顔を見るために、どの親もなにかしら知恵を絞り、お金を使うのである。
10歳を過ぎると毎年パーティーをやるわけではない。子供達もパーティーやるより高価な物が欲しかったり。その家の、その子の事情で色々である。我が家はハニーちゃんは10歳の大きなパーティーを僕ちゃんは10歳を最後に2年間パーティーをしなかったので今年はなんとTeennagerになる1年目でやっぱりパーティーをすることになった。ハニーちゃんはおうちでランチとお祝いとゲームをしてから総勢15人を映画に連れて行く。僕ちゃんは
10人を2時間ゲームセンターで遊ばせ、その後うちでお祝い。。。
これから場所を予約し、ローリーバッグや、招待状や、ケーキの手配をするのだ。そうして二人分のプレゼントを買い求めるのも母の仕事。一緒の誕生日っていっぺんにお祝いが済んで楽な面もあるけど、相当、大変なのである。

ひゃ~早いもので僕ちゃん、もうTeenagerかぁ。。。なんか早すぎって感じ。。まぁ晩熟の僕ちゃんはこの頃、ちょっと反抗期に入ったところである。

タイミングよく届いた日本からのお土産の荷物はバースデイプレゼントの一つに加わった。
[PR]
by sonnenblumensan | 2006-08-09 22:18 | 子育て