<   2006年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

新宿梁山泊

行ってきました~(>O<)
新宿梁山泊のメルボルン公演。。アングラ劇めぐりをしていたのは今から20年も前。
結婚してから、劇団四季とか、バレーの公演なんかには行ったけど、アングラからは遠くと遠く遠ざかっていたから。超が100回くらいつくほど久々!!

フェデレーションスクエアのアッパーテラスに特設されたテントで。

私の見ていた頃のアングラは60年の安保の時代も終わっていたし、(勿論)寺山修司もなくなっていた。One movementが終わったあとの頃だったのだと思う。
寺山修司の影響で泉鏡花を読んだり。書を捨てないで町にも繰り出してた。第三舞台や、万有引力。下北のスズナリなんかへも良く足を運んだなぁ~。あぁ、懐かしい!!!

一緒に行った会社のボスは、その安保の真っ只中に青春を送った人。色々良くご存知で。
充分楽しめました!!カメラを忘れて本当に残念!!!

テントに入ったときは汗だくで、うちわを貰ってる人が羨ましかったけど。帰りは寒かった~。
Cool Changeがきましたよ~。昼間の35度から、一気に20度下がる今夜。。。。身体もちません・・・芝居が始まって暫くしたら、豪雨と雷で一時休止になりました。テントなので雨音がはがしく聞こえてました。でも、始まる直前に雨音がしはじめた時は、会場から拍手が沸き起こりました。天の恵みに感謝の拍手。メルボルンの水不足は深刻で1月からステージ3(水制限)になります。

然し今日は、子供たちの夏休みが始まり、昼ご飯と晩御飯作り。ろくろくお昼ご飯も食べずに、仕事へ行って。仕事がまた、激、忙しくて。それでもなんとか7時に間に合うように会社を出て。食べないまま帰ってきたのが11時過ぎ~~。

朝作った冷たいチャーハンの残りがこんなに美味しく感じたのも久しぶりだった。。。

懐かしく、文化的な日。今日は私へのクリスマスプレゼントでした。
[PR]
by sonnenblumensan | 2006-12-22 22:46 | 郷愁

One by One

なんだかんだ言っても、もうクリスマスまで4日。ハニーちゃんの学校も今日で終わり。来年から年度も変わって、ハニーちゃん5年生。僕ちゃん8年生。お子ちゃまたちのレポート(成績表)も、ま、肩を震わすようなことも、眉毛をつり上げる事も、大声で怒っちゃうこともなく。

ま~、そこそこ頑張ったね。良かったじゃないと取りあえず、持ち上げる。
そうして、ディテールごとに、今度はこうしてみようか~とか。もうちょっとこうだったもっと良くなるかも~なんて言ってみる・・・。

要はごく普通の出来の娘と息子で。ま、この親にしてこの子有りって感じっす。

成績が悪くて、怒られた事って私自身覚えてないので、成績はあくまで、目安。(勿論成績が悪くなかった訳じゃないけど。)学校が楽しいかどうか、が一番の気になる所。ま、私も宿題やってなくて学校へ行きたくなくても、行ってるうちに義務教育皆勤賞(9年間!!)貰いましたけどね!健康優良児

ハニーちゃんのお友達のバースディが終わり、僕ちゃんのピアノの発表会が終わり、子供達の日本語学校が終わり、先生へのプレゼントやカードも済ませて、会社のパーティも終わった。美味しい飲茶、動けなくなるほど頂いて、その夜は友達のうちでBBQ。
クリスマスの買物を叙々に済ませながらクリスマスカードを送り、ハニーちゃんDance Fitのパフォーマンスが終わり、僕チャンのプレゼンテーションナイトも終わり、ハニーちゃんのクリスマスキャロルも終わり、今日は一つのハニーちゃんのお友達のお別れ会が終わった。コンスタントに買物を続け、カードを書き続け、そして やっと出口が見えてきた!明日ハニーちゃんのもう一つのお友達のお別れ会が終わったら、後はクリスマスクッキングに突入!!

皆、クリスマスで超多忙で、駐車場の奪い合いや、夫婦喧嘩(それはうちです。。)したり、、全く!Peaceful でHappyなクリスマスを迎える準備が殺伐としては台無しだ!!

気を取り直して、E-mailでカードを送れる人には ぼちぼち、ゆっくりご挨拶をしたい。。。

本当なら、雪の降る静かな夜、クラシックを聞きながら、キャンドルの灯りを点し、暖炉の前で一人一人、顔を浮かべながら、ホットワインで身体を温めつつ。。書きたいんですけど。。

今日のような35度を越える日は扇風機の真下で、(シーリングファン)ビール煽るように飲みながら、、雰囲気でナーい!!と嘆きつつ、、ツリーの電飾を見ながら、汗が。。。。

皆様、暑くも寒くも心温まるクリスマスをお過ごし下さい!!

f0097189_20464320.jpg

[PR]
by sonnenblumensan | 2006-12-21 20:48 | 徒然

しわすっす!!

落ち着かない。。。もともと落ち着きのない性格ではあるが。落ち着かない。
若い頃見た目変に落ち着きがあって、いつも年より上にみられてたけど。今は、年相応に見られてるかな?にもかかわらず、落ち着かない・・

僕チャンのピアノの発表会、ハニーちゃんのお友達の誕生会。プレゼントを買いに走りながら、お世話になった方々へのお歳暮代わりのクリスマスプレゼントを買って、カード(年賀状同様に)クリスマスまでにつくように出さなくちゃ。。。

ハニーちゃんの学校のクラスのパーティのプレゼント。私の会社のクリスマス会のプレゼント、お辞めになる先生への花とカードの用意。ピアノの発表会の用意。。ダーリンのクリスマスプレゼント、子供たちと内緒の会議。子供達のプレゼント。クリスマスクッキー&ケーキの準備。
発表会の服の用意。あぁ、妹の誕生日ももうすぐだ。甥っ子のも。。。ハニーチャンのお友達のさよならパーティが来週2つ入ってる。今日僕ちゃんの歯医者からチェックアップの予約を入れるよう連絡が来た。私が取りまとめてオーダーしている調味料の連絡、会計。。来年度の子供達の教科書の注文。制服のチェック。

なーんでこんなに忙しいのかな、、と思っていたけど、分かった!!私一人のスケジュールだけじゃなくて、家族全員のスケジュールをインプットしているから忙しいのねぇ~~。4人分。パーティとプレゼントの準備、しかも、お友達の家具の搬入なんて手伝ってたりするから。。

26日のボクシングディまで FULL ONだ~~。クリスマスのパーティ目白押しに加えて、我が家でも数家族を招待してのBBQも控えてる・・・Sea foodも高くなってきたしっまさに師走真っ只中!!日本の年末の牛肉みたいに。こっちも年末は色々高くなる。

ちょっと、一息入れて、今朝、生け花のお稽古に行ったんだけど、先生の息子さん明日から日本へ一人旅でこちらもバタバタ。余計にバタバタしてしまった。

もうすぐ、正月になれば、またキャンプ場でゆっくり時が流れるのだから。。今は全力疾走っす!!ぜぇぜぇはぁはぁ・・・
[PR]
by sonnenblumensan | 2006-12-15 22:06 | 徒然

厳しい世の中

彼女は、忽然と消えた我が子を探しに出かけたのか、もう2度と見る事がなくなった。
私は彼女の子の一人が何者かにやられて息絶えているのを発見した。

彼女とは数週間前に我が家の紅葉の木に巣を作った小鳥である。せっせと巣を作り始めたところから遠巻きに見守っていたのだ。
やがて、雨の日も風の日もかんかん照りの日も、彼女は巣にじっと腰を下ろして卵を温めるようになった。花に水をやる時に半径2Mほどに迂闊に近寄ってしまうこともあったが、彼女は頑なに、息を潜めるかのように、微動だにしなかった。きっと私が近づけば怖かっただろうに。

そうして、ある朝、彼女がいないことに気がついた。実は鳥恐怖症の私は確かめようにも巣の本当に近くまでは怖くて怖くて近づけなかった。そこへ雛鳥の鳴き声が聞こえた。孵化したんだ。恐らく3羽。まちまちに思い出したように頭をもたげる。写真に撮ろうにも、高いし、遠いし、、上から撮ろうとはしごを出して、3M程離れたところでカメラを向けた瞬間、私の目に飛び込んできたのは母鳥の低空飛行。もう、襲われるかと思った!!怖かった~~~。2度と近づきません!!と、心に誓った。彼女の安心の為と、私の安全の為。まさに母性本能をむき出しの母鳥に『わかるよ!子供を守りたい気持ち!!』 と、共鳴しながらその場を去った。

そんなことが有ってからたった2日後のこと。一羽の雛の死骸を発見した。元ホームステイのベア君に(背が高い)確かめてもらえば、巣は空だった。

必死に子供を守っていた母鳥を想うと切ないくらい自然界は過酷だ。猫か、もっと大きな鳥か。
それとも彼女もやられてしまったのかもしれない。

ハニーちゃんも僕ちゃんも喜んで見ていたのに。あっけない幕切れ。哀しい・・・

とはいえ、私の鳥恐怖症は直らない。今日も仕事場で遭遇した鳥が怖くて足がすくむし、突然飛び立つ鳥に心臓が飛び出しそうなくらいバクバクする。アドレナリンでまくりだよ。きっと・・・
それに低空飛行する鳥に驚き、こけてしまった。恥ずかしい・・誰も見てなくてよかった。

ビーチもいつもは大丈夫だが、小さな子供がシーガルに残り物のチップスやパンくずなどをやっているのに遭遇すると、もう、恐怖で顔は引きつるし、叫びそうになる。叫んだらきっと子供が怖がる。うちの子供たちは私が怖がるのを白い目で見る。昔はママを守って追い払ってくれたのにね。今じゃ面白がられてる。

かごの中の鳥は平気。近くに来なければ、『綺麗な鳥ね~』なんて悠長に言えるのだが、近くにこられたら、すずめでも怖い。

母鳥との不思議な(勝手な)一体感は、鳥恐怖症を克服するには至らなかった。残念。

雛鳥の冥福を祈りつつ・・・
[PR]
by sonnenblumensan | 2006-12-13 21:44 | 子育て

ゆく人くる人

ジャカランダの紫の花が通りを埋めだすと、あぁまた 師走だな~~、と思う。ジャカランダはブリズベンあたりでは春を告げる花らしいけど、メルボルンではこの花が満開になるとクリスマスの準備で追われる。つまり師走。あークリスマスが来るなと思わせる花なんだそうだ。

通常は週末の大型ショッピングセンターの駐車場が11時を過ぎると探すのに苦労するが、12月は平日でもそんな感じになる。朝9時にハニーちゃんを学校へ送っていったらその足でショッピングセンターに直行しなくては、その日の勢いに乗り遅れてしまう。クリスマスショッピングは大変。日本でも、12月はお歳暮やお習い事の先生へのお礼や、年賀状やで兎に角忙しかったけど。。行く年への後始末と来る年への準備で追われる。もう、一年経ったんだ・・。あまりの時のスピードに呆然とさえする。永ちゃんじゃないけど『時間よ~止まれ~~~~』と歌いたくなる。週末に催した恒例のカラオケナイトでは歌わなかったなぁ。

先日、来年早々にご主人がシンガポールへ転勤になったCathyのFarewll Lunchで飲茶に行った。私がメルボルンに来た年に3ヶ月遅れでシンガポールから戻ってきたばかりの頃、幼稚園で知り合ったママ仲間。子供たちはそれぞれ違う学校へ行ったり、同じ学校でももう遊び仲間でなかったりするけど、ママ仲間未だには3-4ヶ月毎にディナーに出かけたり、ランチをしたりしている。一人パースへ移住し、一人シドニーへ転勤、と一人ずつ減って行ってしまうのが寂しい。Cathyは2年の契約でシンガポールへ行くのだそうだ。海外駐在は収入も増えるし、シンガポールは良い学校があってちょうど良いから、OKしたと言っていた。ここで日本の駐在の人と違うのが有無を言わさず、というのがなさそうということ。彼の意思が尊重される。決断を下すのは彼。

日本人の駐在のお友達は思っていたより随分早く日本への転勤が決まり、お子さんの学校の編入のことでそれはそれは大変そうだった。会社の決め事は仕方ないと腹を括ってのご勤務だろうが、分かっていても、物理的にやらなければいけないことは山ほどあって、引越しは本当に大変だ。

そんな彼女のFarewell Lunchは フレンチ。この前のモダンジャパニーズに比べればお腹いっぱいになって。満足♪さすがに夜ご飯も少ししか食べられないくらい、お腹に残ってました!!
f0097189_92589.jpg
f0097189_93423.jpg
f0097189_933498.jpg

[PR]
by sonnenblumensan | 2006-12-06 09:13 | 徒然