<   2007年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Comet McNaught 

先週の水曜日の夜。ごみ出しをしていたら、ハイスクールのサイエンスの先生のお隣のおばちゃんが、 『一生に一度の明るい彗星が肉眼で見えるはずなのよ。昨日もビーチまで見に行ったんだけど。ここからでも見えるはず。9時15分に私もここに出てくるわ。子供たちにも見せるといいわよ』と教えてくれた。(ちょっと既に興奮気味)

水曜日はハニーちゃんのお友達二人と、僕ちゃんのお友達一人がお泊りで、総勢5人の子供とダーリンとダーリンが16歳のときゴッドファーザーからプレゼントされたという、精度の良い(勿論スイス製?)双眼鏡を持って早速観測にでた・・・・ものの、、、雲が広がってしまって見ることが出来なかった。残念では有ったが、さすがサイエンスの先生。子供たちを集めて新聞をみせながら色々と説明をしてくれた。

この光の帯はなんでしょう?』
『あの星が地球に届くまでの時間は?』なんて、子供たちに質問しながら。

で、そういうの大好きなダーリン。次の日もまた彗星を見に同じ時間に外へ。その日はお友達ファミリーもディナーに来たので皆で観測。
f0097189_22165941.jpg


ばっちり肉眼でもみえた!!!オレンジの光の帯にでかい球。(因みに写真は新聞からの貼り付け)おお~~って感動でした。

この彗星オージーのマックノートさんが去年発見したそう。で、McNaught彗星。一月いっぱい見られるらしい。

今日は既にうちからは見えなかったので、ビーチまで行って最後に観測してきた。けど、この間ほどは明るくなかった。何とか双眼鏡で見納めしてきました。
[PR]
by sonnenblumensan | 2007-01-29 22:20 | 徒然

Australian Open

オーストラリアオープン真っ只中です。
今ゴンザレス(チリ)とハース(ドイツ) の試合中。ゴンザレスは願懸けか、ヒューイットの試合以来ひげを剃ってない模様。熊五郎みたい・・・。

然し。ゴンザレス、試合っぷりが凄くよい。この分だと優勝もありえるよ~~~。

フェデラーファンの私としては微妙ですが。。。
それにしても、昨日のフェデラー、あっけなく勝ちましたね。。ロディックはフェデラーの次に好きな選手なのに~~。どうしたんだHEY HEY BABY♪と歌ってしまうほど、フェデラーの圧勝。というか、なんか変だよ、Andy~~~って感じ。。。残念でした。。

女子はシャラポワはあの叫び声がうさくて嫌いなんだけど。。KIM負けちゃった。。。
応援してたカムバック組みのヒンギスは惜しくも負けちゃうし~~。ま明日ですね、女子決勝!!そうして日曜日は男子決勝~~~。楽しみだす。 

と、書いてるうちに、ゴンザレス勝っちゃいました~~
[PR]
by sonnenblumensan | 2007-01-26 19:20 | メルボルン

続き

f0097189_19355158.jpg


のっけから、ロブスターですみません。

ポートランドのキャンプ場で、今回初めてアジア人の団体と隣り合わせた。若い男女6-7人。皆英語を話してた。マレーシアの華僑の末裔オージーか、インドネシア華僑の末裔オージーと思われる。

結構、キャンプ場をまわったけど、アジア人って本当に少ない・・。キャンプ場に一人いればおお~~って感じ。因みに自分たちを除くアジア人に会ったのは今までのキャンプで3回目。

それでその華僑の末裔団体は毎日、アワビを取ってきてた。毎日アワビ取り?って、きいたら、いい場所を教えてもらったんだ~って。いいなぁ~~ジュル。年末にアワビのしゃぶしゃぶにありつけたラッキーな私ではあるが、食べても、せいぜい3切れ。一人3個くらいの割り当て?でとって来てた。ま、確か、アワビは漁業法で一人いくつまでと取れる数が決まっているのだが。。

なんとなーく、スキューバの免許を取って、鮑取りっていいかもぉ~と妄想に駆られながら、ついたのはBeachport.サウスオーストラリア州!!
移住前にも4回来てたオーストラリアだけど、サウスオーストラリアは生まれて初めて!!

正月はキャンプ場は大変混み合う。なので、いつも場所が確保しやすいテントサイトにする。そうすると気に入った場所は長く居られるし、気に入らなければ一日で引き上げられる。それに、キャラバンや、コテージは大体この時期、どこも一杯でGETできる余地は無いのが実情だ。テントはセットアップに体力使うけど、予定を大雑把に決めるさすらいの旅にはちょうど良いのだ。。

Beachportではなくその先のROBEに止まろうと思ったんだけど、さすがに正月、テントサイトも取れない有様。で、ROBEより一段と小さな町のBeachportで、ということになった。
私たちの眼前にはまさにビーチ!!毎晩波の音を聞きながら眠る日。
起きて、ビーチへ、朝ごはん食べてビーチへ。昼ごはん食べてビーチへ。夜ご飯食べてビーチで散歩。TVもインターネットも無く。時間の過ぎるのがなんてゆっくり~~。昼間はすさまじく暑いのだけれど海に入って涼んで。スイカ食べて涼んで。夜になればビーチからの風邪で気持ちよくて。でも、日焼けからは逃げられず(涙)あっという間に真っ黒~~。

Robeはロブスターの水揚げがオーストラリア一らしい。早速足をのばしてRobeのシーフードレストランへ。ロブスター半分で$47、、これって安いのか??
ロブスターだけで$47だったら、ホタテもえびも牡蠣も色々食べたいな~って、欲張りなのか貧乏性なのか、シーフードプラッターにした私。で、その後ダーリンはしっかりロブスターに前菜に牡蠣も注文してた。ま、いいわ、ダーリンのロブスター貰おうっと思ってたのにそうは問屋が卸さず、一口しかくれなかった。冷たいのね・・ぐずん。
トップの写真はその、先にあるKingstone S.EにあるBIG LOBSTER

これはBeachportの海。私たちのテントサイトより写したものです。続く・・・
f0097189_2051119.jpg

[PR]
by sonnenblumensan | 2007-01-23 20:09 | 旅行

免疫

一昨日の停電、規模の大きなものだったにも関わらず、比較的落ち着いていましたね。メルボルンって、時間通りに事が運ばないことが多くて、慣れないうちはイライラしたものでしたが反面良くも悪くもこういうとき、半ばあきらめムードと共に『仕方ないじゃーん』って感じで、あくせくする人は少ないですね。日本だったらちょっと、無理っぽい。電車が少し遅れても目くじらたてる人も多いし。停電だからってさっさと店を閉めたり、今日は休業って開けなかったりって日本なら有り得ませんよね、多分。今日の売り上げどうしてくれるんだ~~。損害賠償だ~って声も聞こえそうです。

因みに私も復旧について電力会社に問い合わせた口ですが(仕事上)ボスも『仕方ないでしょ~待つしか』って。そういう私も、そうですね~って。メルボルンの免疫が出来てきたのかも。
それでも、新聞で、エレベーターの中に真っ暗で閉じ込められた人も沢山いたとか読むと、想像しただけでも恐ろしい。。閉所、暗所恐怖症の私は、絶対パニックアタックになってましたね。。またこれで暫くエレベーターに乗れないわ・・・こういう免疫がつくといいんですけどこればっかりは・・・(涙)

いやー、今夜も暑いです。さっきまで室温30度ありました。でも、湿気がないので何とか過ごせるし、シーリングファンで結構しのげます。世界中の異常気象、温暖化は間違いなくここにも差し迫っていて、40度を越える日は5本の指で足りたのが、年々増えているように思います。シーリングファンだけで凌げた夏ももう、エアコンがないと無理なのかも知れません。

こんな暑い中、オーストラリアオープンは今日も熱戦を繰り広げています。そのうち、真夏のオーストラリアオープンは選手からの苦情で違う季節になったりして。。火曜日は41度まで上がり、水曜日は31度、今日は34度、。。土曜日はまた、38度の予定。
いくら暑くても夜はクールダウンして過ごしやすくなるのが常ですが、こんなに高温の日が続くとクールダウンもなかなかしません。ところが日曜日は最高気温29度の予定。一気にいい感じの夏。日によってこんなに気温が違うんじゃ、試合の勝ち負けは半分はその日の運と言うことも。。

免疫と言えば、ダーリンの車エアコンが壊れています。クィーンズランド6000キロの旅の途中で壊れたんです。そのまま、ずーっとエアコンなし。今回のキャンプも一日だけ、40度を越す日に、車で400キロ弱移動した日がありました。免疫が有ったとはいえ、ちょっと参りましたね。最初から壊れているのを知っているから、今更文句言うわけにもいかず、皆無口な移動になりました。クイーンズランドを移動中は湿気の為、汗がでて、それを開けた窓から入る風が冷やすって感じでした。こうやって人間は自然に体温調整出来るんだ~って感心してましたが、今回は湿気がない分、汗があまりでない。で、開けた窓から差し込む太陽光線が痛い!!免疫というより、さらなる我慢を覚えました。。。。

ま、メルボルンの天気は変わりやすいし(なんせ一日の中に四季があるといわれるくらい)この夏の暑さにもそのうち耐性が出来て強くなるかな~~。
[PR]
by sonnenblumensan | 2007-01-18 22:36 | 徒然

大停電!!

今日は最高気温39度になる予定の日だった。我が家にエアコンはない。。各部屋にシーリングファンはある。キャンプが得意の家族だもん。エアコンなんてなくても・・・・
って強がっても、一日なら耐えられるが、これが3日も続くと辟易である。然し!!当たり前だが、お仕事場にはちゃあんとエアコンがある。

子供たちとシッタ-君には悪いが、何とか暑さをしのいでくれ給え、、ママはお仕事頑張るよ(涼しいところで)と、夏休み中の子供たちをおいて、お仕事へ。。

Officeから一歩外へでると 『うわ~~~あつーい』って、痛いくらい暑いのである。今日は仕事が終わっても暫くOfficeにいようかしら~なあんて思うほど暑い。外は41度あったそうだ。

そんな中、16時を時計の針が回って、いきなり、ぶつっ と、2台のコンピューターをはじめ、電話、コピー機 FAX、使えなくなった。。勿論エアコンも!!!
停電だぁ~!!!!!!
ほよ~~。困ったぞぉ~~。電力会社に問い合わせるも、原因も復旧のめども立たないと言う。ま、時々、あるよ。こういうことって。メルボルンだし。。

気を取り直して、外よりはウーンと涼しいOfficeで復旧を待つことに。。しかーし!!
待てど、待てど、電気は来ない。
自宅に携帯から電話をかければ、自宅にほうは無事のようだ。。良かった、、昨日買出しに行っていっぱい冷凍したばかりだったもの!!

聞けば、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州の間にある、ビクトリアに供給するメインの送電線がブッシュファイヤー(山火事)で焼けたそう。。ビクトリア州の70%が停電したそうだ。19:30仕事場を出たが、まだサウスヤラ近辺は復旧してなかった。。

家路に着けば、外と同じくらい、家の中も暑い。。。
今日は多分まだ、耐えられると思う。キャンプのことを思えば、まだファンがあるだけましさ~~。。キャンプってこういう時にも役立つのだ。偉い!!
[PR]
by sonnenblumensan | 2007-01-16 20:20 | メルボルン

Portland

日本にいた時から、時々キャンプはしてました。特別、アウトドアが好き!!ってわけでもないですが、キャンプなんてキラーイ!!なんてこともなく。リゾートのホテルは勿論大好きですが、キャンプはキャンプで、民宿は民宿で、それなりに楽しめてしまう安上がりな私です。

子供たちが小さな時は、子供たちと一緒に虫取りしたり、魚釣りしたりで子供達の輝く笑顔を見るたびに、アウトドアって子供には一番なんだな~って思ってました。
で、今回も、やっぱりキャンプが一番好きなんだね~って言ったら、ハニーちゃん、『うんキャンプ大好き♪でも綺麗なホテルはもっと好き』って・・なーんだ、そうなの?でも綺麗なホテルは、滞在期間、短くなっちゃうんですよ、ハニーちゃん!せっかく休み2週間も夫婦そろって貰ってるんだから、やっぱり、色々行かないと!!
f0097189_2250699.jpg

2003年の年末から1ヶ月間、キャンプしながらクイーンズランドのサンシャインコーストまで行って、コースト沿いをヴィクトリアまで帰ってきたことがありました。、ゴールドコーストやバイロンベイなんかも何泊かしました。その時のキャンプ旅行の走行距離が6000キロ。オーストラリアは、広い!!です。その時から、一日600~700キロ車で移動というのも慣れました。
f0097189_0133448.jpg

今回はアデレード目指して、まず、400キロほど離れた、港町ポートランドへ。ヴィクトリアのベスト3のビーチに入るBridgewater bayまでもすぐで、また、そのビーチにあるCafeで食べたサンドイッチや、フィッシュアンドチップスの美味しいこと!!
f0097189_011184.jpg


もともとポートランドは捕鯨の町だったそう。今でも漁業従事者も多い町。歴史的な建物も多く、程よい町の大きさでよかったです。鯨やいるかも季節には見られるとか。

初日のキャンプ場は寒くて震えていました。お茶を沸かしてボトルに入れて、湯たんぽ代わりりに抱いてました。ポートランドには3泊して2007年のお正月も迎えました。キャンプ場でカウントダウンして、シャンパンを開けて、元旦には雑煮を作りました。
f0097189_01754.jpg


とっても綺麗な街でした。夕日も素敵でしたよ~。

そして元旦にポートランドを出て、サウスオーストラリア州に入り、Beachportという、小さな町に移動しました。
続く・・・
[PR]
by sonnenblumensan | 2007-01-14 00:02 | メルボルン

初夢

私はなぜかフランス語を話していました。それも、ぺらぺらと・・・富士も鷹も茄子も現れませんでしたが。フランス語・・・????夢なんてあんまり覚えていないほうですが、初夢でしかもフランス語を話してしまって、奇妙さにその場面だけを覚えてしまいました。遅ればせながら

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます


今年の幕開けはポートランドと言う、サウスオーストラリア州の州境からさほど遠くない、港町で迎えました。恒例(?)のキャンプの旅はまた追々、アップすることにして、話題はもう、今は昔に思える位に慌ただしく過ぎたクリスマスに戻したいと思います。
f0097189_22531686.jpg


そもそも、キリスト教史をきちんと勉強していないので、クリスマスのことも少しの慣習的なことしか分かりませんが。オーストラリアのクリスマスは基本的に英国ベースのクリスマスです。然し、アドベンド通りに、12月1日にツリーを飾る家も少ないように思います。ハロウィンの前からクリスマスグッズが店にも並び始めるし・・・。真夏なのでターキーを食べるうちよりシーフードのプラッターやハムを食べる家庭も多いそうです。

因みにスイスでは24日のイブに親がクリスマスツリーを飾ります。その間子供はツリーを見ることが出来ません。25日の朝起きて居間へ行けば、立派なツリーとその下にはプレゼント!!で子供たちは目を輝かせる!!んです。サンタクロースはスイスにはいないはずなんです。12月6日のセントニコラウスディにサミクラウスがやってきて、こっそり親から貰ったメモを元に、悪い子にはお仕置き、良い子にはローリーをあげるのが慣わし。(日本の東北地方のなまはげのようですね)

もともとイエスキリストのお誕生日はその日ではないそうですが、ヨーロッパの長い冬に人々の心に光を与える意味でつくられたもの。冬は多くの物が死に絶え、枯れはて、寒く、長く苦しい物だったので。常緑樹は生の象徴として魔よけとして飾られたのがツリーの始まりだとか。季節上春が息吹、始まりを象徴し、冬は死を意味したそうです。

そんなわけで、日本滞在時からダーリン、プラスチックのツリーを飾るなら何もなくてよいと言う人。日本では小さな本物のもみの木をポットの中で育てておりました。こちらでもそうしていましたが、毎年枯れてしまいます。で、今年はスイス並みに切った大きなツリーを飾りました。常緑樹の木の香りが良かったです。

ヨーロッパ人と結婚したときに、背景にあるキリスト教を知識的に知りたい、勉強せねば(相手を理解する意味で)と思いましたが。なかなか、、思うようにははかどらず。。

クリスマスが来るたびに、慣習だけに終わる私。スイス式にオージー風味を加えてね!サンタもやってきましたよ。
f0097189_23271161.jpg
f0097189_23333632.jpg
ダーリンは冷めたクリスチャンなのでクリスマスの商業的なものに眉をひそめる人。私はクリスチャンでもないくせに、ツリー飾ったりクッキー焼いたり。クリスマス的なことが大好きで、ぶーぶー文句言われながら控えめに、今年はツリーだけにしました。日本にいた頃は真冬なのでそれはそれは盛り上がり、外の木にまで電飾してリースもアドベンドキャンドルも手作りで楽しんでたのに。真夏だとさすがにそこまで盛り上がれなかったです。
f0097189_23475986.jpg


歴史が浅いオーストラリアの冬にはまだ何もないけれど、この先、何かクリスマスに変わる心温まるイベントが出来ると良いですねぇ~。冬に鬱病が増えるのを減らすことが出来るかもしれないですしね・・。

f0097189_23315521.jpg

子供たちからイヤリングと香水をプレゼントしてもらいました♪ダーリンからはクリスマスあけのバーゲンセールでと言うことでなし~。ダーリンは自分で新しいBBQセットを購入して、これでいいよ僕のプレゼントは!だって~。それって500ドルじゃん!!(よ~し、じゃあ、新しいバッグかわせてもらおうっと)
クリスマスの日はお友達の家に招かれてディナー。私たちのように、家族が格で親兄弟は外国のお家、ちらほらあります。こちらではクリスマスは日本の正月のように親兄弟が集まる物ですからね。こういうときにちょっと寂しいです。

次の日はBoxing Day。総勢15人のお客様でした~
f0097189_23393622.jpg

[PR]
by sonnenblumensan | 2007-01-09 23:49 | 徒然