<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

神事

和太鼓を叩いたのは何年ぶりだっただろうか。

幼い頃、お宮さんと呼ばれる、村の氏神の祭りでいつも太鼓を叩いて遊んでいたっけ。村の寄り合い(Meeting)が始まる30分前には鉦(かね)をならして時間を知らされた。その寄り合いが始まる合図は太鼓だった。
小さな村の寺には鐘撞き堂は無く、隣村の大きな寺からの鐘の音が、夕刻の家に帰る時間を知る手立てだった。そんな田舎の時間の流れ方が大好きだった。

村人は氏子であり、神事をこなし、また寺の門徒でもあり、仏事も行った。何の説明も無く、父母の傍らで自然に覚えた多くの宗教的行事。意味を知るごとに後から興味深く思ったものだ。


私たちの結婚式も神式だった。羽織袴のダーリンと白無垢で結婚式を挙げた。キリスト教徒でもない私が日本で式を挙げるのに、教会は必要ない。君の宗教で日本式にしよう。(ま、両親を喜ばすためもあったけど)と言うのがダーリンの主張で、あえなくウェディングドレスを着ることも無く、白無垢と自前の訪問着(着物)だけとなった。

式は厳かにに巫女さんの舞と歌と。宮司さんからの祝詞と。
お義父さんは柏手を打つのが他の人よりどうしてもワンテンポ遅れた。何が起こっているかわからず、見よう見まねでやっていたから。ダーリンの三々九度はお代わりもしそうな勢いでごくごくのんじゃうし。結構笑える結婚式だった。家から出る前、仏壇の前で両親にあいさつするときに『お父さん、お母さん今までお世話になりました』なんて神妙に両手をついて頭を下げたとたんかんざしがボトンと落ちたり・・。(本当は泣く場面だよ~~)ダーリン指輪を忘れても私の乗った車は戻れず(出もどりになるから)叔父に取り行ってもらったり。。(だいたい結婚指輪を、忘れるかぁ?)ハプニングがいっぱいの結婚式だった。その夜はプールバーで友人を招いてのパーティにした。結婚記念日、昨日の今日でちょっとしみじみ。。。

和太鼓を叩いたのはなんとハニーちゃんの小学校でTaiko Drums and Fulutes of Japanというコンサートがあった。たまたましごとがOFFになったので行ってきた。
りんどう太鼓を主催されている日本人のトシさんとオージーの女性がパフォーマンスをしてくれた。オージー女性はまた尺八の名手でもあった。21年前に日本に行って尺八の虜になったそうだ。横笛も披露していた。祭り太鼓、ソーラン節など、懐かしい響きに大いに楽しんだ。おかげ様でご指名を受け子どもたちの前で太鼓を叩く羽目にもなった。
f0097189_21452821.jpg


太鼓の響き、笛の音、鐘の音はおそらく私自身に染み付いているだろう日本のリズムなんだと思う。懐かしく、心地よい。敢えて言えば、日本人の血か。

トシさんが『オーストラリアに教会があるうように日本には神社があります。太鼓はお祭りなど聖なる行事に使われます』と英語で説明されていた。

日本人の遺伝子に組み込まれているのかも知れないが、雅楽は荘厳さを持ってして有りがたさをも感じるし。また懐かしい。私が神事をそれとなく知っているが詳しくは分からないように、キリスト教をバックグラウンドに持つ人々も皆が詳しいわけではない。反対に小さいころから当たり前にあったものは肌で覚えている物だが、異教は勉強しなくてはわからない。

祭り、初詣、結婚式、初宮参り、七五三さん。小月命日、おとりこし、法事、葬式。神事と仏事と共にあった私の生活はここにはない。でも私の心の中にはある。神も仏も・・・
そういった行事がここではイースターであり、クリスマスでありハロウィンになるのだ。
さて、私の子供たちはどうするかな?とりあえず、自分を信じていてもらいたい。
[PR]
by sonnenblumensan | 2007-04-26 22:18 | カルチャー

光陰矢の如し

あれあれあれ~~~ッという間に明日は結婚記念日。

光陰矢の如く、日々は過ぎ去りますね。時々、ドキッとします。赤道小町ね(フ、古い)・・・

確かにスクールホリデイがあって、イースター(復活際)も有ったのだけど。我が家はイースターサンディにエッグハンティングをしたくらいで終わりました。元居候さんたちに頂いたチョコの数々はこれ。
f0097189_185226100.jpg

秋晴れの良い日が多く、ビーチを散歩したり、サイクリングに行ったり、ボタニックガーデンに行ったり。まったりと休日は過ごしていました。

アジを買って一夜干を作ったり。
f0097189_18533551.jpg

キムチ漬けたり、餡子を煮たり。餅をついたり。ケーキを焼いたり。相変わらず、ごそごそ台所に立って、暇なような忙しいような休日をすごし。。。

いつの間にかTerm2も始まりました。そうして、いつのまにかダーリンの誕生日を迎え、家族で韓国レストランへ行ったのですが・・・。日本レストランもそうだけど、オージー向けに甘い味付けのお店多くて。。ちょっとがっかり。ちょっとお高いお店で、雰囲気は抜群だったんですけどね~~。雰囲気で腹は満足できない私が悲しい。。。『アズマ~~』って叫べるお店のほうが美味しい気がするわ・・・カーネギーの7&7とかね。

あ~あ、結婚ン年にして、まだ、行ってきます、お帰り、お休みのKissは(挨拶ですよ~~)逃れるることの出来ない私・・・。これしないとダーリンご機嫌、悪い,悪い。でも、喧嘩してるときは仲直りのきっかけになるし。何かあったかな~~と言うときにはすぐ分かり、(すぐばれて)バロメーターです。皆もしてね!!ダーリンと♪

明日の記念日はダーリンお仕事!ま、老後のスーパー(年金)のことでも語り明かそうか・・・
[PR]
by sonnenblumensan | 2007-04-24 19:08 | 徒然

未曾有の危機

古くからの親友との久々のチャットのときに、日本では、オーストラリアの悲惨な現状を切々と放送していたと聞いた。

今、日本で紹介されるオーストラリアは未曾有の危機にさらされているというものだ。主に、干ばつ、温暖化など。オーストラリアはもうだめだ位に思われていると言う。日本へ避難して来いと言ってくれる。(避難じゃなくて遊びに行きたい)オーストラりア経済は好景気に沸いているのだが。

確かに、メルボルンの水は後2ヶ月もつかと言われているし、クィーンズランド州では既に下水の再処理水の飲料水への利用が始まっている。(らしい)
メルボルンは水制限ステージ3Aで、芝生には引き続き散水できないし、庭の植物へは週2回、朝6時から8時までと散水時間も決まっている。車もフロントガラスと窓ガラスを拭くことが出来るだけ。家では洗えないが洗車場はまだOK。シャワーも4分までにしようとか。歯磨きの水を流しっぱなしにするなとか。いろいろ政府からの広告も見る。

しかし、日本の給水車が来るような、断水騒ぎにはなってない。まだ、許可制で自宅プールに水を入れる事もできる。何より水道代が日本に比べればウーンと安い。危機感が足りな過ぎなのかも。。。捕鯨に関してはあんなに危機感を募らせているのに、本当にどうなってるんじゃい?とも思う。(因みに日本は捕鯨をそんなにしなくてもいいんじゃないかとも思う。)

話がそれましたが、私もグレーウォーターといって使った水を再利用している。洗濯機は水の量が断然少なくてすむフロントローダーだし。食器洗い機も使ってる。因みに手洗いより、使用水の絶対量が少ない統計があるそうだ。勿論米のとぎ汁なんて栄養の有る貴重な水は再利用だ。ベジパッチはそれで潤う。ウォッシュレットなんて贅沢品は勿論無い。こんな水不足の国でそんなのつけてる人は非国民よ。(なあんて)

然しながら、本当に田舎では未曾有の危機には代わりはない。酪農家が牛を売った話をよく聞く。牛を売るなんてもう、終わりだというあきらめらしい。農家の自殺率も高い。正月におアデレードに向けてキャンプしながら移動したとき、FOR SALEの農場のなんと多いことだったか。間違いなく、米や麦など、農作物も高騰するだろう。既に始まっている感もある。
オーストラリアの農家は政府からの補助金と言うのは一切受けていないそうだ。日本のみならず、ヨーロッパ諸国などでもそんな国はないと思う。天晴れ、オージー農家!!!

未曾有の危機から、日本に逃げてもいつ地震が来るか分からないし、台風もよく来るし火山は噴火するし(地下鉄サリンの)テロもあるし。よく外国人が日本なんて危険な国、怖いわ。って言っていたのを思い出した。け。日本なんて犯罪率低いのに何言ってんの~って思ったものだけど。なるほど、外から見るとあんまり安全に感じない。それと同じなんだな。中にいるとそんなに危険に感じない。日本も危ないよ~~(脅し)

最近こちらに来られた日本人の方と海辺をパワーウォークしている。晴れた日は本当に海も綺麗でビーチも綺麗でヨットハーバーに並ぶヨットもまた綺麗で。『どこにも旅行にいかなくてもここに来るだけで、素晴らしい景色ね』と彼女は感動している。本当に贅沢な風景だと思う。
お天気が良いと歩くのに最高なんだけど、恵みの雨を切望の日々!!です。
[PR]
by sonnenblumensan | 2007-04-12 22:13 | メルボルン

背負い水

人間は一生使う分の水を背負って生まれてくるという、背負い水。その水がなくなると死期が訪れると言う。その水の量は人それぞれ違うんだな。きっと。

ならば酒はどうだろうか?その一生分に入ってるのかしら?だとしたら、1升なんて簡単に飲んじゃ~いけませんね。戒め戒め。。

自分が背負ってきた水の量もさることながら、自分が背負っている物は案外自分には分からないものだ。急に背負わされた物は重くてしんどかったりするものだが、長年背負っているといつのまにか一体化して、背負っている物が分からなくなる。

親からの期待だったかもしれない。夫からの願望だったかも、妻からの脅迫だったかもしれない。色々な圧力も、苦しいと認識したときに何か手立てを打っておかないと、麻痺してしまう。ついにはそれが元で病気にもなる。
背負っていた物を手放したとき、ああこんなにも重いものを背負っていたのかとやっと、認識できる。でも、病気になってからじゃ遅い場合も有る。

いい子でいなくちゃ、いい人でいなくちゃというのも背負ってしまうといけない。そうなることが心地よいところにいなくては意味がないと思う。

私は何を背負っていたかというと脂肪
最近また太りだして、すっごく、体が重い
物凄く太ってた頃は一体化して分からなかったが、一度少しでも痩せると、また増えた分というのが非常に重い。しんどいのである。このしんどさが身にしみているうちに何とかしないと、また一体化して下手すると病気になるのだ。。くわばら、くわばら。

背負い水に照らし合わせれば、肥満というのは食べ物を大切にしていない象徴のようで恥ずかしい限りだが、食べるの飲むの大好きなんだもん。。

メルボルンの水制限もステージ3aとまた厳しくなった。背負い水、限りある資源を大切に。メルボルンの水も本当に限られてきた。戒め、戒め。。
[PR]
by sonnenblumensan | 2007-04-06 00:04 | 徒然

7年目

三年目も浮気せず。とうとう7年目のセキララ日記。(何のこっちゃ~)

この4月1日で7年目に突入しました。2001年、3月31日に日本を出て4月1日にメルボルンに着いた私たち。エイプリルフールに来るなんて、やっぱり4月馬鹿?好きな家族です。
今年のエイプリルフールはGoogleの粋かしたJokeで笑い転げました。私は前日の21ミリオンの宝くじ、1.5ミリオン当たったの。位のしょぼい嘘をついて。で、April Foolと言ったら、それから子供たちが使う使う。くだらんうそをつきまくってた。嘘でもいいから1.5ミリオン、当たって欲しいわ♪

去年から書き始めたブログもはや1年が経ってしまいましたね。至って更新はマイペース。ま、記録ですから。

うーん、スクールホリディにまたまた突入。今年は年末年始にスイスへ里帰りするためこのホリディはどこへも行かない!!海と山とCityにお出かけくらいはするかな。残ってるペンキ塗りに精を出したい、いい加減、終わりたいですね。。ペンキ塗り。

でも子供達の遊び心も満たしてやらねば!一気に終わったメルボルンのイベント。さて、どうしよう。然し、世界水泳、男子メドレーの日本 銀メダルは燃えましたね。萌えじゃなくて、熱くなった~久々。

7年たって暮らしは落ち着いたなぁ~と言うのが実感。家を買って、増改築して、その間、ダーリンは2度の転職。僕ちゃんは中学生。ハニーちゃんは5年生。私の体重も8キロ痩せたり4キロ太ったり。乱高下~~。あっという間だったけど、いろいろ、いろいろ有りました。この先もきっと色々有るんだろうけど。足元見ながら前を向いて一歩一歩、歩いて行くしかないですね。坂本九の上を向いて歩こう、スキだな~♪

将来は日本とメルボルンを行き来しつつ、時々スイスでスキーと言う生活がよいな~と夢見ますが、やっぱり結婚したときに、一生添い続ける決心をしたときのように。あんな一大事を決めた時のような覚悟が必要な気がする。ここに骨を埋める覚悟!海外に住むと言うことは一大事なんですよねよ。やっぱり・・・(宝くじ、当たらんかね~~)
覚悟~~
ハイ、参りました。。

然しながら、やり直しがきくのも人生。因果応報、原因があっての結果です。ああ無常、世の中は常ならず。今を頑張ってる結果がまた7年後くらいには見えてくるかな。。
たかが7年、されど7年。。徒然なるままに日を暮らし、徒然なるままに日記を更新。。
[PR]
by sonnenblumensan | 2007-04-02 23:38 | 徒然