<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

怪我の功名

いつもなら果敢に運転するのが好きな私。少しのチャンスを逃さないようにずいぶん先に大型トラックが走るのが見えると、テトリスのように間にうまく入ることを瞬時に考えながら、もちろん、周りの車の位置と速度を見ながら、一生懸命走る。

なので、ボケーとちんたら走るのは子供を乗せているときか、何も考えずゆっくり運転したいときだけだ。
先日病み上がりに仕事に向かった私は、いつもの果敢な運転はできそうもなかった。通常4車線の80キロ制限のところを走るのだが、ちんたら車線変更もせず、ひたすら前の車の後について走った。ところがどうだ、ほとんどの信号で捕まった。いや、止まらざるを得なかったのだが。。止まったところで必ず、イケメンのお兄ちゃんが横断歩道を渡るのである。。今日はいったい何の日だろう~なんて思ってると、私に向かって手を振るイケメン君。ほよっ?
私はまだ熱ある?なんて思ってたら、私の後ろを走るバスに手をあげたのだった。

メルボルンではバスに乗るときに、バス停に立っていてもバスは止まらない。自分の乗るバスの番号を確かめて、運転手に合図しないといけないのだ。

それからというもの、バス停でバスを待つ人がまたイケメン、おしゃれ、背も高いお兄さんばっかり!!
よくオヤジがじと~と歩く若い女の子を車から眺めていくのを目撃するが、まあ、わたしったら、あのオヤジらの仲間いりかしら。。

決して熱があったわけではないのに、周りを眺めながら走るとそんな目の保養もありかとちょっと得した気分であった・・・

寝込んでいる間に、Windows もVistaに変わって、さくさく早く動くし。ま、いいことも少しはあるさ。(別に寝込んでなくても変わっただろうけど)
しかし、今日はバス停に人もいなかったけど・・・(というか、今日もいつも通り)
[PR]
by sonnenblumensan | 2007-06-29 22:30 | 徒然

代役

やっと、風邪が治ってきた。
先週はひどい風邪を引き込み、6年ぶりに寝込む羽目となった。

『主婦は風邪なんてひいてらんないのよ』
とばかり、いつもはサプリメントを飲んで早く寝る。うがいをするなど風邪は軽く引いて治しちゃう私。今度ばかりは、いろいろな無理が祟った形となった。

その昔OLだったときに、交通事故をしたその日、頭痛がするので帰らせてほしいと上司に言ったら、忙しいからだめの一点張りで、無理してその日を過ごしたが、その結果、病院にも行けず、7年もその後、鞭打ちの後遺症が残ってた。
大体、企業というのはとっさに何かが起こった場合に対応できなくてはいけないと思う。そして代わりはやっぱりいるんである。

とは言え、やっぱり他の人にしわ寄せがいくのは気が引けることでもあるが・・・。人間誰でも病気になるし、本当にこればっかりはお互い様なのだと思ってる。
今まで子供の学校行事や、子供の病気で休むことはあっても、私の病気でというのはほとんどないから気が引けたが、よく考えたら、自分が病気なんだから、それこそ、どうしようもないのにね。

熱あっても、洗濯機は回すし、後片付けもする。こんなときに、子供と夫の教育不足を実感する。なんでもできるよう仕込んでおけば良かった・・
お茶をベッドに持ってきてくれたり、色いろ気を使ってはくれているものの、、いまいち働きが悪いんだよな~~。
極めつけはダーリンがパスタを作ってる最中に寝込んでる私に『トマト缶がないんだ~』って起こしにきたこと。『頭使え!!』怒鳴りたかったけど、喉から血が出るんじゃないかと思うくらい喉が痛くて声が出なかった私。何も言わずおきて クリームソースを作った・・・・。

家事の代役くらい誰でもできそうなのにね。

無理をしたのはハニーちゃんのドラマの発表会。こればっかりは代役を立てて誰かに見に行ってもらえば良いというものではないし、半年間このために稽古をしてきたハニーちゃんの舞台を見ないわけには行かなかった。。
それが先週の水曜日。今日はハニーちゃんが熱を出した。。。。


風邪引きさんの代役がいてくれたらよいのだけれど・・・
皆様、ご自愛のほど。。。。
[PR]
by sonnenblumensan | 2007-06-27 11:26 | 健康

お互い様

おこがましいようだが、ダーリンは本当にいい妻がいて幸せよね~。と常々ダーリンには言い聞かせている。良い言葉を潜在的に埋め込むのは重要なことだ。

効を奏して彼はほぼ毎日(喧嘩してないときだけ)『僕はラッキーだ。君のように支えてくれて、しかも料理も上手くて、子供たちにとっては良いお母さんで。。僕と結婚してくれてありがとう』とか『君なしでは生きていけないよ』とか、良くも悪くもメロドラマさながらにのたもうてくれる。そんな話を恥ずかしげもなく、同僚の皆さんにお話したら、ダーリンの株は益々上がったように思う。(それは、この人にそこまで尽くす男って凄いという意味の賛辞だったかどうかはわからない)

勿論私が幸せにしてあげる
なんておこがましく、思った事はない。本当に夫婦2人三脚で、転んだり押し合ったり駆け引きしたり、なんだかんだと言いながらここまでやってきた。
仲の良い秘訣は思いやりの一言に尽きる。

前出の黒皮のコート、Melbmobさんのシナリオどおりには残念ながら頑張れなかったけど。ダーリンに見せて、通常よりかなり安かったこと、買物上手ぶりをアピールして事なきを得た。というのも、僕ちゃんがお金ためてとうとう念願のパソコンを手に入れた時に、すっかり自分のも新しくしたくなったようで。確かにもう5年以上使っているが。。壊れてるわけじゃないし~。
ダーリン曰く、『いや~君も最近良く写真とか撮るようになったし。容量がいっぱいになってきたんだよね。君もストレスなしに使えるし、今、ストックテイクセールで安いし。。。オーダーしてきちゃった♪』まるで私の為のような口ぶりじゃない?

そんなことがあったのに私のコートくらいで文句言われちゃたまらない!!ま、お互い様ってことよ。

なんて思ってたら、ダーリンもそんなにお得なら、僕も皮のコート買っても良いかな~って。えっ~。そんな散財していいんかい~~。彼の皮のコートも、私の皮のコートも15-6年前に流行った肩パッドががっしり入った物でさすがに、今時あまり着れないし。。まーいっか。(普段の彼のお洋服はとてつもなく安いものだし)多分、来月、税金も戻ってくるだろうし・・・

いや、そうすると、お互い様になってないわ。何かもう一つ私が買ってもいいかな~。

同僚の皆さんに(一応)ノロケタ日。その夜彼は
『君は本当に幸せだね。僕と結婚できて。僕の血のおかげで可愛い子供が出来て。色々な国も行って。家も買って、増改築して。全て君が望んだことを僕は一生懸命成し遂げているんだもんね~』とウィンクしてた。勿論、私は『本当にそうだよね。貴方のおかげねありがとう』といって心で少し舌を出す。

お互いさまと違うんかいっ!!!

みなさま、夫婦に限らず、お互い労(ねぎら)うことは大切ですね・・・
[PR]
by sonnenblumensan | 2007-06-19 17:45 | 徒然

人生色々・・・

今朝、あたりは真っ白だった。一面の霧。一寸先は闇ではなくて一寸先は白。
スキー場での吹雪とまではいかないが視界が悪いということは何らかの不安を煽るものだ。

得体の知れない物が怖いと言うことは良くある。が、得体が知れていても怖いこともある。

昨日Officeを閉める直前に若い女性が飛び込んできた。『これ、、、』なんだかお腹がふっくらしている。妊婦さん?よくよく見ると『ピー』って・・エッ。ピーってなに・・・
心臓がバクバクしはじめる。鳥だ・・・・

心優しい彼女は傷ついた鳥を拾い上げ、私のものではないのかと聞きに来てくれたのだった。
・・・申し訳ないけど、私鳥恐怖症で触れないの・・・
壁にへばりつきながら応えたら、彼女は獣医の友達に連絡を取ってくれた。

この霧は昼には晴れるだろう。ハニーちゃんは真っ白な外を見て、『スイスみたいだね~ママ』と言っていた。
確かにスイスの冬はグレーで。霧か雪か。晴れ間が少ない。鬱になるのも圧倒的に冬が多いと言う。ヨーロッパ人が太陽を求めてバカンスに出るのは必要不可欠なのかもしれない。
いつ晴れるか分からない空、何週間もそんな状態が続けば息が詰まりそうになるだろう。
そんな中、キャンドルの灯りや町のイルミネーションは心にも灯りをともすのだ。ヨーロッパの人に灯りの使い方が上手な人が多いのも頷ける。
ヨーロッパほどではないにしても、メルボルンの冬は寒い。かと言ってウィンタースポーツが盛んでもないし、洒落た電飾もない。メルボルンの冬もまさにグレーだ。。

そんなグレーな気分を吹き飛ばすべく、6月の決算期セールがある。

皮製品を扱う知り合いが、商売変えをするとかで、皮のコート半額のセールになっていた。。

ウーン、寒いし、今度冬にスイス行くし、皮のコートも必要ね!!と自分に言い聞かせて

黒皮のロングコート 
奮発しちゃった~~~。

許せダーリン。まだ見せてないけど。。
世の中には白黒だけで決着がつかないことのほうが多いのだ。これは私にとっては良いことの白。ダーリンにとってはきっと黒。

それが混ざってグレーな冬。

f0097189_9473571.jpg


先日ダーリンが仕事に出かけたあと、家に電話してきて。
『外に出てみて。プレゼントがあるよ』と言うので、ワーなんだろうと思って外に出ても何もない。。電話かけなおして、『何があるの?なんもないよ』と言ったら。

綺麗な虹があるでしょう!!だって。
写真では綺麗に撮れなかったけど確かにくっきり綺麗な虹でした。

綺麗な虹をありがとう~~。

人生には本当にいろいろな色に彩どられている・・・・
[PR]
by sonnenblumensan | 2007-06-15 10:01 | 徒然

摩訶不思議

父の命日に母からの便りと贈り物が届いた。
ちょうど海苔の佃煮を作ったばかりだったのに、母からの荷物の中には岩海苔。のりの佃煮が3つも入っていた。
シンクロだねぇ~。しかも父の命日に届くあたりが。。。

母からの贈り物を受け取るようになったのは学生となり、上京したときからだ。
ダンボール箱の中に、実家で取れた野菜や米、時には味噌なんかも入っていて。頑張りなさいの意味をウーンと込めた手紙が必ず入っていた。方言をちりばめた粋かしたその手紙はなんとオーストラリアにも持ってきた。捨てられないもんね。今も昔もありがたき親の愛。親の愛には感謝いっぱい♪

今でこそ、米や野菜は送ってもらえないが、今回は私の子供たちへの日本の本、漫画、日本のお菓子など、送ってくれた。無理すればこちらでも買えるけど、なかなか手に入りにくい物ばかりだ。本当にありがたい親の愛だ。いや私へのものはほとんどないので、祖母の愛だ。

スイスの義理パパ&ママもスイスのチョコなど送ってきてくれていたが、ほとんど変わらぬ値段でスーパーで手に入るし、ダーリンが『もったいないからやめたら』の一声で来なくなった。それでも愛情は今もちゃーんと届いている。(孫への)

私たちにとって移住という形をとったのは一つの挑戦のようなものだった。私とダーリンにとってはニュートラルな土地でお互いが助け合わなければ、どちらかが依存していてはやっていけない。フェアでもあるし、自立も促される。ただ、親戚縁者が皆無と言うのは不安もあるし、子供たちにとっては自分たちを愛してくれる祖父母が誰もいないというのは大きなマイナスのようにも思えた。孫と遠く離れ離れにさせてしまうのは親不孝だとも思えた。私の父のように亡くなってしまえば、同じことだけど。何れにしても、親は年老いていくし、親を頼ってばかりはいられないので自分たちの居場所を安定させるには避けられなかった選択だ。

遠く離れていても、贈り物の箱の中には愛情も溢れていて・・・
子供たちには、肌触れ合うことが出来なくても愛情は育まれることを学んで欲しいと思う。
父は亡くなっているけれど、僕ちゃんには父との多くの想い出があるし。ハニーちゃんにもわずかながらに思い出はあるようだ。写真やビデオを残しておくと亡き人を偲びやすい。

父が亡くなる前、意識が戻ったときに話せたのは数えるほどしかなかった。まだ朦朧としているらしい意識の中で、死が近づくにつれ父は懐かしい名前を頻繁に口にするようになった。
亡くなった祖父が廊下にいるとか。亡くなった叔母が昨日来たとか・・・・亡くなっている人ばかり。。お迎えが近いのかとも思った。
窓から見える空にも色々見えているらしかった。赤い風船や、大きな飛行船や、ヘリコプターが窓の前に来ているらしかった。勿論そんなものは私には見えない。でも、父に見えないよというと、ばか者!あんなに大きいのに見えんのかと怒り出した。

その数日後父は亡くなった。

今頃、空を自由に飛んでいるのだろうか・・。

遠く離れて墓参りもままならないが、離れていても、亡くなった今も、感謝の日。
[PR]
by sonnenblumensan | 2007-06-08 22:37 | 郷愁

Domestic Suzan

アメリカ人の友人と同じアパートに住んでだ頃(独身)彼女が私の部屋に来て、いそいそお菓子をつくっていた私に『貴方ってDomestic Suzan見たいね』といった。
なんじゃい、それは?ときいたら、悪い意味じゃなくて。。ま、典型的な家庭の主婦ってことかな~だって。それって 結構、いい意味ではないらしい。
そんなことを言ってた彼女も今じゃしっかり主婦である。

で、なんでSuzan?ってきいたら、ウーン、SuzanってDomesticな女の代名詞みたいなのよ
と言ってたな。。ま、これはアメリカだけかもしれないけれど。というか、彼女の周りだけだったのかもしれない。でも、中華なんかで円卓をまわすものを Lazy Suzanと言うし。なんか訳ありのSuzanだ。誰か知ってる方、教えてください。

昨日は、家から出たのはハニーちゃんの送り迎えだけで、Domestic Suzanに徹した。僕ちゃんのパジャマのズボンのゴムを入れなおし、溜まったアイロン掛けをし、
掃除、洗濯。etc・・・・

アップルパイ、洋ナシのパイを焼いて。。。
一度取った出し昆布を冷凍しておいたものが溜まったので佃煮にして、お友達に貰った海苔を佃煮にした。なんだか、満足~~の、Suzan。土、日って仕事は休みでも、家事も休みじゃないし、子供中心に時間が取られて思うように事が運ばないけど。一人のお休みって家事をしていてもはかどるし、のんびりも出来るし・良いわ~~。

溜まったものが片付く気持ちよさ!!たまの専業主婦は良いな~~。

家事をやってストレス解消とは一石二鳥だったわ♪
[PR]
by sonnenblumensan | 2007-06-06 10:03 | 手作り