<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

寒すぎる・・・

今週末に限らず最近寒い日がやたらと多いメルボルン。昨日も暖房つけました。。。
山では積雪27センチらしい。ほんとうなら25度以上の暑過ぎず寒すぎずの初夏のはずでしょう?でもメルボルンにはそんな『XXのはず』なんて気候はないのです。何が飛び出すかわからないびっくり箱のようなメルボルンの気候。いつまでたっても慣れません。いや、慣れないのに慣れたのかも・・・・

メルボルンはいつもこんなんですか?これから雨ってふりますか?って来たばかりの人に聞かれても、いつも答えは同じ~(山口さんちのツトム君のメロディーで)XXX わかんないな~

少し前、34度くらいまで上がっていたときもあったさ~。今年は奮発してエアコンを入れたのに!!エアコンといっても屋上に上がった水で空気を冷やしてひんやりした空気が各部屋の通気口をとおして送られ暑い空気が窓から出て行くという、身体に優しいエアコンです。自然の風なので冷えすぎると言うことがないそうです。ただし40度を越す暑い日にどれだけ頑張れるかが少し不安。エアコンを入れたとたん、この寒さ。寂しすぎます!!でも、暑すぎるよりはまし!暑いとすべてが褐色の大地と化し、鄙びた気持ちになってしまうから・・・・
庭の芝も然り、花や野菜も然りです。そんな夏でも日本の夏よりはかなり過ごしやすい。メルボルンの冬より、日本の冬のほうが絶対好き!!だけど夏は断然メルボルンです。

とある私立高校の生徒が日本から団体でやってきてその中の一人の子が友達のうちにホームステイをしています。彼女に困ったことがあったらいつでも言ってといっておきました。
長期で来る高校生の留学生、いい子もいるけど、ひどい子も相当いるらしい。今回のように短期で来る子はたいていOKですが。かなり前にホストファミリーが気を使って日本食のレストランに連れてきているのに話かけられても無視で、漫画を読んでる子みましたね。

高校生に限らず、奥様がたでも、目を見て話さないとか、御礼を言わないとか、Pleaseをつけないとか。話しかけている人(オージー)を見ずに他の人(そこにいる日本人)に答えるとか。逃げの姿勢というか、ただ単に英語に自信がないだけなんだろうけど、結構失礼な人はいます。ホームステイの場合は食べた食器も下げない子、とか。言えばやるんだろうけど。言わなくても常識的なことはするべきです。ね?小学生じゃないんだから。

その友人のうちに呼ばれたので、その子がいるから大福も作って持って行ったんですよね~。まあ、西洋人にあんまり大福は喜ばれないからその子に食べてね。って言ったんだけど。持っていったもの全部その子が食べちゃった!味見くらい友達にもして欲しかったのに。帰るときも勿論お見送りに来ないので友達がその子を呼んできたのだけど。もし、どうしても言葉で困ったことがあったら電話してね。と言いましたが。はいって返事だけで、『大福ありがとう』がなかった!!怒!

なあんて、気がつかないだけで、本当に普通のいい子でしたよ。
みんなほとんど根がいい子だけど。きちんとしつけられているって言うのは別の話で。

おせっかいオバサンと化し、その子には『人の話を聞く時は目を見るのよ。ちゃんといつでもThank youとPleaseは忘れないでね』なんて言っておきました。

コレが普通の夏で暑かったら彼女のうちのプールで泳ぐのに~。その子も寒い日ばかり続き、プールも眺めているだけじゃ楽しめないわなあ・・・(楽しそうにしてましたけど)
[PR]
by sonnenblumensan | 2008-11-23 22:09 | メルボルン

Together

僕ちゃん、ピアノ細く長く続けています。『箸にも棒にもかからない』とは正に彼のピアノのことで。決して安くはないピアノのレッスン料。『もう、練習しないなら辞めなさい!!』となんどもやめさせようとしたけど、辞めさせようとすると続けたいと懇願するんで、まあ、自分から辞めると言うまではいいかな~、ふらふらと今まで続けています。

クラシックは全然弾かなくなって等しい。。。3年前に坂本龍一の Energy Flowを弾いてくれたときは感動したけど。。ダーリンも私が簡単バージョンを弾いているとうるさいといったのに、僕ちゃんが弾くと『いいねえ~』なんて喜んでましたっけ。

僕ちゃんはJazzyなものが好きで後は気に入った曲があると練習すると言う超生意気な、スタイルで、家のピアノは言わば、贅沢な遊び道具なわけです。去年あたりからMonkey Majikという日本のバンド曲をダウンロードしてよく聴いていて。コレを弾きたい!といったので日本から楽譜をネットで取り寄せてやりました。その中の1曲が『Together』
この楽譜にはコード表もあるので私もそれこそ一緒にギターで練習したりしています。

そして昨日ハニーちゃんの学校でArt Trailという催しがあり子供の作品が学校中に飾られ、色々なマテリアルを使ったアートワークショップやイラストレーターの講演会、生バンド、児童のファッションパレードなど沢山の事が催されました。Cafeあり、Barあり、Sweetsあり、BBQあり、で大人も子供もわんさかいて、、Social Night 再び、といった所でした。

ハニーちゃんは歌を歌うと言うので最近車の中でよく歌っていたのですが、私とはニーちゃんのお気に入りがJason Mrazの”I'm Yours” レゲエのリズムっぽいのが好きなんですが。
これがギターのコードがまた簡単。で、(歌はメチャ難しい)ハニーちゃんはコレをまた上手に歌うわけです。残念ながらイベントで歌った歌は違う歌だったけれど。



二人で一緒に!いつも練習です。へたくそでも、親子で楽しめるから音楽っていいですね~。
[PR]
by sonnenblumensan | 2008-11-14 08:21 | 徒然

Hot chocolate

こっちに来て、なんとなく上手く行かなかったり、オージーの超適当さに超ムカついたりしてるとネガティブな感情がうっかり頭角を現し、非常にBuleな気分になるときがある。そんな時、何であたしはメルボルンなんかにいるんだ?!って悪態つきたくなる。

で、日本にいた時はいた時で、役所の杓子定規できな対応や良くも悪くも大げさな外国人への人々の対応に辟易したりして。みんなが同じじゃないと安心できない日本では既に国際結婚という時点でみんなと同じじゃないし!子供たちも”ハーフ”なんて言われて持ち上げられたり、地に落とされたりするんだろうな~なんて思ってみたりしてたね。ネガティブなときは。
どこにいてもネガティブな感情で過ごすと悪いところばっかり目に付いて幸せになれない。さっさとそんな感情は昇華させるに尽きる。

ま、だいたいはいつもどこでも住めば都でHappyなんだけど。

もともと、家族の時間を得るために、もっと言うなら一緒に子育てするためにここに来たようなもんだ。家族のメンバーみんなの生活を充実させるためにと言ったらいいのかも。

仕事で飛び回って家にほとんどいなかったダーリンが毎日家にいてくれる事の安心感。子育てもきっちり責任を持ってやってくれることの安心感。思えば、ここに来た理由はここにあり!だった。。

僕ちゃんのピアノの送り迎えやバスケの練習、試合の送り迎えもきっちりこなすし。ハニーちゃんの学校行事にもちゃんと出てくれるし。

つい、この間までは、日曜日に子供たちとサイクリング行ったりビーチへ行ったり、公園に行ってフリスビーやったり。どちらかと言うと彼の方が子供たちとよく遊んでる。
僕ちゃんが小さいときは部屋中をレールでいっぱいにして電車を走らせたり。砂場作ったり、プールへ行ったり。
私自身も幼いときに父に遊んでもらった記憶の方が多い。で、遊んでもらったことは私も出来る。楽しかったことを体が覚えているんだな~と思う。で、やってもらってないことはあまり出来ない。例えば勉強を見るとか!これは全然記憶にないし、自分もほとんど子供の勉強を見ることが出来ない。

私の至らない部分を頑張って穴埋めしてくれていると言うより、やっぱり二人三脚で上手く回ってる気がする。子供たちの楽しそうな顔を見てつくづくそう思う。ここに来て良かったって。子供たちの幸せそうな笑顔で私たちはまた、幸せにしてもらってる。親ばかで申し訳ないが『いい子に育ってて良かったね』と二人で肩を叩き合う。子育て同志だ。

ダーリンのお父さんは週末になるとHot chocolateをいつも作ってくれたんだそうで。普段は忙しくて家にいない分、それがとっても嬉しかったんだろうな~。想像するに難くない。で、我が家ではミルクパンにミルクを温め、泡立て器もってイソイソ ホットチョコレートを作るダーリンの姿が時折見受けられる。それをハニーちゃんがいまいちだったと残すときがあって、なんだか哀愁のダーリン。ちょっとだけ同情。ハニーちゃん嘘でも美味しかったと頂きなさい!!
[PR]
by sonnenblumensan | 2008-11-06 08:01 | 子育て

Super Housewife

私は、外に出て働いている、サラリーウーマンです。が、本業は主婦だと思っています。優先順位が家事、育児のほうが高いと言うことです。

家事、育児を優先できるカジュアルワーカーってほんと、バランスがよいわけです。

家事に押しつぶされず、家事に手を抜きすぎず。ってかんじで。それでも、ガーデニングなんかは知らず知らず後手にまわるし、子供の教育においては子供任せでコレはかなり反省してます。もう少し、時間を費やしたかったエリアです。あまりにも放っておきすぎました。。。だってもう、小学校が終わってしまうわ。。6年生までにやってやりたかったこと、結構やってないし。。。ま、後の祭りです。後悔先に立たずです。子育てに遅すぎることはないというけど、良い時期と言うものは存在すると思います。
家事といっても、’何も完璧にこなすわけでもなく。ただ、食事は基本なので、あまり手を抜きたくなくて割りとまじめに作っています。

朝起きて弁当作って、子供を送っていって洗濯して買い物に行って、夕飯の支度して、仕事に出て帰って、後片付けして、おや、もう夜10時?って生活。天気が良ければ草取りや外回りの掃き掃除したり。11月にもなると家族のメンバーそれぞれに色々な予定が入っていて、それを管理しつつ。。。学校からのレターを読み。。。と言うように日々が過ぎて行きます。

主婦って、シェフであり、管理栄養士でもあり、クリーナーでもあり、ガーディナーでもあり、時として看護士であり、おまじないのおばあさんだったり、先生だったり、子供のマネージャーでもあり、時として音楽家であり、歌手であり、指圧師だったり、セラピストだったり、似非洋裁士でもあり。ペットの飼育係だったり、その他色々。。。忙しい訳です。でも、多分、だから楽しい。
子育て部分は本当に未来を育てているわけですから。本当に重く、楽しく、素晴らしい!!世の中の子供がいなくなったら、次世代がいなくなれば人類は終わりなわけですから、子育てしている人は社会に、人類に貢献しているわけですね。膨大な金額と時間と、愛情を注ぎ込んで懸命に育てているわけですから、あんたの好きでやってるんでしょう?ではなくて、(勿論私の選択ですが)子供嫌いな人には感謝されたいくらいです。また、みんな昔は子供だったことを思えば、本当に親に感謝です。

さてさて、そんな中、仕事にいける私はありがたきことに、主婦の私から仕事場の私にシフトできてとってもバランスよくてよい!!お母さんでない私がお母さんである私を助けることも多いわけです。専業主婦時代より、気分的にはかなり楽です。多忙さは仕方なし、ですが。この絶妙なバランスはカジュアルワーカーだからだと、思っています。ま、パートタイムワーカーでも良いわけですが。人にはそれぞれの環境があります。働けない環境や働かなくても良い環境が。
私に、ちょうどよいバランスになるようにの、働くお与えなのだとつくづく思います。私の場合は働かなくてはならない環境ではありますが。それでも、専業主婦のほうが大変だと思えるのでで。きちんと主婦業を全うしておられる多くのお友達主婦には頭が下がります。

また、フルタイムでしっかり働き、主婦業もしっかりこなす方は超人だとさえ思います。頭は下がりっぱなしです。バランスの取り方が卓越していらっしゃる。

子供の成長に合わせて変わってきた私の働く環境は、この先も家庭環境で変わっていくことでしょう。間違いなく、主婦業、親業はいつまでたっても変わらないことですけどね!!

もう一つ大変なのは妻業で、ダーリンは一緒にテレビを隣に座ってみて欲しいそうなんですが、クリケットとか興味ないし~~!!!こういうときは日本の遅くまで働くお父さんがちょっと楽かな~と思います。自分の時間が増えるしね!でも、夫婦ですから、たまには向こうの言い分も聞いて譲歩することも大切なんですね~。(苦痛でも)

独身の時には考えも及ばなかった仕事量ですぜ。全く!
主婦友よ、あーよくやってるよな、私って。って、自分を褒めましょうね。たまには。
[PR]
by sonnenblumensan | 2008-11-01 21:46 | 徒然