<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Keep Eating

頂きもののわさび漬けをちびちび食べてると、やっぱ日本酒だよな~って、ついつい飲んでしまってます。。
最近はアジの干物を作ったり。だしをとった昆布を冷凍しておいたものを溜め込んで昆布の佃煮にしたり。サバの味噌煮とか塩焼きとか。ブリの照り焼きとか塩釜とか。シンプルで、でも美味い物。せっせと作ってせっせと食べてる。冷蔵庫の掃除と称してどんどん片して。ダーリンの作ったパンの硬くなったものは冷凍しておいてまとめてパン粉にしたり・・

今晩は最近安くなったアサリで味噌汁。アー日本人でよかったと思える美味しさだ。時々、美味しい刺身食べたい!!と思うこともあるけど。ま、たまには食べるけど。やっぱり日本のようには行かない。木綿豆腐で厚揚げ作ってさっとかつお節と醬油で頂くとか。なんでもないことが普通には手に入らないので必死で手に入れてるって感じ。郷愁の感が年とともに深くなっていくのかな。

知り合いの20代前半の若い女の子が日本から帰ってきてやっぱり日本食が世界で一番美味しいと言ったけど。それは貴方が日本人だからそう思うだけのことであって、こっちのオージーは月に何度も日本食のレストランには行かないのが普通ではないかと言う話になった。日本食を食べたことがない人だって沢山いる。
毎日カレーを食べるインド人のように私たちは毎日カレーは食べられない。いや、食べられるかも知れないけど、食べたくない。私の大好きな韓国料理だって、多分週3回も食べたらもういいって思うと思う。キムチを漬けて結構食べてるけど。そんな感じでダーリンも3日も和食が続くと『またぁ?』って感じになる。
因みにダーリンは初めて日本に来たときがビジネスだったので(しかもバブル最盛期)結構いい料亭
に連れて行ってもらって美味しい思いをいっぱいしたらしい。和食イコール、高級で美味しいもの。と言うデビューだったので日本食は大好き。

それでも、私が3週間以上海外にいるとお茶漬けやおにぎりがご馳走になったように、和食が続くと美味しいパンとチーズとサラミでとおっても幸せそうなダーリン。いずれも郷愁の食卓が各々あるのだ。

日本だって全てが美味しかったわけじゃない。ご飯の美味しくない食堂もいっぱいあったし、アルデンテなんて関係ないパスタのお店もいっぱいあった。ただ、海外に長くいるとやっぱり美味しい所の思い出だけが色濃いからなぁ・・。その思い出を胸に今日もせっせと手作りをする。でも、ある意味贅沢な食の喜びだなあ。きっと。
[PR]
by sonnenblumensan | 2010-02-22 21:36 | 郷愁

日曜日の晴れた日は

日曜日の晴れた日は必ず、どこかへ行きたがるダーリン。ヨーロッパ人種って日光に異様に反応する人が多いように思う。冬が長く、グレーなヨーロッパ。夏も短い。28度を超えれば超暑い日で、多分車も未だにクーラーはオプションじゃないかな。さすがにオーストラリアは標準装備になったけど、それでもまだ、何年か前。

兎に角、白人って日光を浴びるのに非常に情熱を傾けるように思う。基本的に移民以外は白人だから、色が白くてあたり前で、白いのは恥ずかしいとばかりに、出来ればこんがり琥珀の肌にと頑張って焼かれてる。美白を謳う日本人とは根本的に美意識が違うのだよ。きっと。

昔行ったタイのサムイ島でも当たり前のようにトップレスだったのはヨーロピアン。ワンピースの水着は台湾人の女性と私だけだったわ。
ま、ヨーロピアンの裸に関する意識の違いについては次の機会に書くとして。

せっかくの日曜日ここのところ毎週ビーチ行きなので、たまにはペンキも塗りたいし、溜まった家事を片付けたいという気持ちも有ったのだけど、ビーチが嫌ならワイナリーに行こう。という誘いであっという間にワイナリーの響きに負けて、ダーリンとRed Hillへ赴いた。

1時間ほどドライブすればついた、ナイスな感じのワイナリー。気持ちのいい木漏れ日の下でワインを頂いた。モーニングトン半島の先っちょで海岸を散歩して。小腹がすいたのでFish&Chipsを食べて。家路に着いたのは夕方6時。子供たちは各々バスケと映画に行ってたし。

その前日は仕事の後、ダーリンに連れられてゴルフの打ちっぱなしへ。私がもう少し美味くなったら一緒に回ろうか・・って・・・

この頃、段々子育てを終えた夫婦のようになってきた。よくも悪くも。子供たちはそれぞれの道が待ってるし、この先はやっぱりこうして夫婦の時間が増えるのか。(よくも悪くも)

デートといえば聞こえがいいけど。毎週末、今日は何する??っていうのもなんだかな~~。
早く私の道も探しとかないと!!
[PR]
by sonnenblumensan | 2010-02-08 20:30 | 徒然