<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ゴルフ道

ゴルフを始めてかれこれ1年半が過ぎました。いやあ。勿論まだまだペーペーで。なかなか上達しないんです。でもとっても楽しいので何とか続けています。これも、この下手なペーペーに付き合ってくださる皆様のおかげです。

実際、最近ゴルフを始められた人に連れて行って欲しそうな感じを受け取りましたが、ゴルフは絶対上手な人と回るといいですよ!と逃げました。本当のことですもん。私と回っても上達しませんよ。
で、そんな下手な私と回ってくださる方は希少な方なのです。大事な方々です。

ゴルフってやればやるほど奥が深くて。調子の良かったドライバーがパタッとスランプに陥ったり。
若いときからするスポーツって身体が覚えているので、昔取った杵柄でなんとかなるものですが、晩年にはじめるものは根気勝負です。身体がなかなか覚えてくれないので回数をこなすしかないのですがさすがにゴルフを毎日するほど恵まれた環境にはあらず。レッスンに行ってはスイングを直されて、次にコースに出るときには忘れてる繰り返し。うん、下手するとレッスン料は底なし沼で吸い取られていってしまうかも。でも間違ったスイングで練習を重ねては、下手なクセをつけてしまいます。
懲りずに来週から週1で1ヶ月レッスンにかよいます。年老いても続けるための投資なのです。

ゴルフは人生のようだと私の師は仰います。実に性格が現れると笑われるのです。
スコーンと第一打は思いっきりよく直球ど真ん中にとび、その後i行ったり来たり、迷ったり、グリーン周りで力加減をしなくてはいけないところも思いっきり突き進みます。手加減を知りません。肩の力が抜けていません。グリーンではついつい行き過ぎて今度は足りなくて、読みが浅くてなかなか。
うーん、私の人生に似てると言えば似ているかも。必要なのは肩の力を抜くこと。

そこへプロにレッスンを受けながら回る人の後ろに着きました。プロはアマの上手な人と雲泥の差。
やっぱり極めることはすごい。軽く力みのないスイングでと綺麗に遠くへ飛んでいくボール。あの距離を飛ばすのに使う力はきっとわずか。効率よく、無駄がなくスムーズです。
ああ、あやかりたい、人生にもゴルフにも。
人生は深い。そしてゴルフも深い。。。

(現在とうとう四十肩もどきとなりちょっとビビッてます。メンテナンスにいかなきゃ~~)
[PR]
by sonnenblumensan | 2011-09-27 20:28 | 健康

重陽の節句

重陽の節句ですね。
日本にいたなら今頃、菊花酒でも飲んでたりするんじゃないかと。でも日本にいたら重陽の節句は七夕やひな祭りやこどもの日、みたいに幼稚園の年中行事にないので忘れていたかもな~~。でも菊の葉っぱの天ぷらは食べてそう。
来週は中秋の名月。
子どもの頃、庭にゴザ敷いて団子とススキの入った花瓶を小さな机の上において、親と月見をしました。ゴザの上に靴を脱いで上がるのがままごとみたいでワクワクしたっけ。毎年したわけではないけど、今から思えば風流だったなぁ。月の中にウサギは勿論、他国では女の人の顔だったり、蟹だったりするのだと父に教えられ延々と見ていた記憶があります。

星を見るのも大好きで、北極星と北斗七星はすぐ見つけられたし、夏は白鳥座とかベガとか、冬はオリオン座とか探してそれが動いていくのを時間を追って観測するのが好きでした。田舎なので星は降るほど見えましたが、年々見えなくなって。今ではもう降るほどの星は実家の庭からは見えません。

こちらは南半球。勿論北極星は見えませんが天の川はみえるし、オリオン座だって見えます。なんてったって南十字星があります。そして昔、実家で星空を眺めたように、普通に星がみえます。
グランピアンズやフィリップ島等田舎に行けば星が降ってくるほど見えます。キャンプに行けば子供と星空を見ましたが、残念ながら子供たちは星の観測には興味がなかったみたい。

ハニーちゃんの誕生日のパーティは自分でオーガナイズしてました。けど、ダーリンがイソイソと手伝って、裏庭にテント張って、キャンプファイヤーの用意して二人でジュースやお菓子やマシュマロいっぱい買って。Sleep Over Party.
マシュマロ串にさして溶かして食べて、(こちらではキャンプファイヤーの定番)フォークギター鳴らして歌ってみたり。あら~可愛い!と思ったのもつかの間。Lap Topテントに入れて、映画鑑賞会してました。やっぱりここらが現代っこ。

焚き火はやっぱりいいにおいがして、こういうの好きだなぁ~~。自然にかえるひと時。
f0097189_20274836.jpg

[PR]
by sonnenblumensan | 2011-09-09 21:18 | 郷愁

Happy Father's day

If your Dad is, or was, a hardworking man, and is your hero, has helped you no matter how good or bad you were, and was just the Best Dad ever; if you are blessed to still have your Dad, or if he is an angel in Heaven, paste this to your status and let everyone know you are proud of your Dad.

って、ハニーちゃんのFBに貼ってあった。
こちらでは9月の第一日曜日が父の日。
ハニーちゃんは手作りカードとチョコのプレゼントをダーリンに渡してました。

いつもは昼まで寝てる僕ちゃんも9時10分前に起きてきて、Daddyが起きてきたら教えて、朝ごはん作るから。って@@ちょっと驚いて結構感動しました。起こしても起きないのにね、いつもは。

私はいつも子どもたちに、出来ることはやってあげる、出来ない時は出来ないから。と言っています。朝学校へ車で送ることは出来る、それで送っていくけど、仕事で迎えには行けないから、子供たちは自分で自転車が都合がいいか、送ってもらった方が楽か考えています。
最近は青空の晴れた日が多くなってきてハニーちゃんまでも自転車で行く時も多くなりました。(ハニーちゃんはいつも乗せてってとせがむ派)でも私がウォーキングに行ったり、ゴルフに行ったりするときは駄々をこねずにちゃんと自分で行きます。
いつもはあれやって、これお願いの多いハニーちゃんで、時々優しい私も切れて、怒るんだけど。

なんとなく、子供たちは私が出し惜しみなく、できることは一生懸命していることを分かっていてくれるように思います。ダーリンも同じく送り迎えは可能な限りしてくれるし、子どもたちもそれについてとても感謝しています。なので出来ないときは出来ないというと素直に他の道を探してくれてます。学校も、プライベートに二人は無理と言ったときから、プライベートに行きたかったとか、行かして貰えなかったとか言ったことはありません。習い事も、やりたいといったこと全てをさせてやれたわけじゃないけど。親の努力は子どもも知っていて、ちゃんと選ぶようにもなりました。

欲しいと思うものを全部買ってやれるはずもないし、そんな必要もないけど、望みを伝えなかったら手に入らないものが、伝えることで手に入ることもあることを知っていて欲しいと言ってます。僕ちゃんは欲しいものを絞って伝えるし、ハニーちゃんは全部言うけど、手に入らないものはさっさとあきらめてくれます。

ハニーちゃんも僕ちゃんも何かにつけてちゃんとありがとうといいます。ご飯をつけたらありがとう。車で送ればありがとう。当たり前だけど、そんな当たり前のことが時々私を嬉しくさせます。
勿論子どもたちのお友達もそういう子が多いです。そうじゃない子もいますけど。

ありがとうを言ってもらうために子育てをしているわけではないけれど、そんな当たり前のような感謝を口にできて、父の日のような特別な日に格段に感謝できる子どもに育ってくれて嬉しいなと思うのです。

こんなこと書くと物凄く立派な子育てをしているようにとられそうですが、虐待の一歩手前かと悩む時もあったし、できれば、いっぱい我慢させてしまった彼が5歳の頃に戻って抱きしめてあげたいと思うこともあります。親が子どもを傷つけずに育てることは多分不可能で、言い訳ではないけどその時その時はそういう反応、そういう子育てしか出来なかったということもあります。

それでも、何とか子育てをし、親として子どもに育ててもらってるんだと思えます。

1年前にハニーちゃんがいい親とはという子どもサイドの意見を述べた事がありました。
ちゃんと愛してくれていて、優しくて、いつでも助けてようとしてくれて、悪いことしたらちゃんと怒ってくれる親。というようなことを言ってたと思います。子どもってすごいなと思いました。よく見ていて鋭いです。僕ちゃんがママは怒りすぎ。。とつぶやいたのも忘れがたいです。。。
彼らの親としての成績はよい。のだそうです。(良かった~)いつもBest MUM Best DADといってます。(そりゃ一人しかおらんしね)

12年生の僕ちゃんは進路を決めるときが来ています。大学へ行くのか、専門学校にするのか働くのか。色々考えなければいけません。どんな道でも応援するからよく考えるように言っています。
さっきも勉強が手につかないのかお茶を入れてくれました。日本茶。学校の成績はともかく(大事だけどね!)私たちの子どもとしての成績はとてもいいです。(私達の子どもなのであきらめもつくさ)何よりも元気で生きていてくれることがありがたいです。

高校生活が終わったら子育ては一段落。だといいなと思います。一生親であることに変わりはないのですから。毎年、Happy Father's day はやって来るでしょう。
[PR]
by sonnenblumensan | 2011-09-05 22:25 | 子育て