ご機嫌な5月

会社の人はわたしはいつも笑顔だという。お客様にもいつも笑顔で接してる。うちに帰ればダーリンが君はいつも不機嫌そうだという。子供が小さい時から、結構しかめっ面のお母さんだったかもしれないと思う。
わたしが笑うと家族みんながなんだかほっとしてるような、笑いが伝染していくような感じになるな~と思う。

不機嫌よりはご機嫌なほうが自分自身も気分が良くて(当たり前だけど)不機嫌に当たられた家族はかわいそうだと、反省する。ごめんよ~。

スーパームーン、金環日食なんて月の異変(?)があるときは安定的でない私。気分のムラがひどい。今回は瞑想少しずつしてるけど雑念多すぎて、なかなか上手くいかなかった。

激動の2012年が始まって世間はこの世の終わり説がでたり、ここのところオーストラリアも急激に不景気じみてきてあちこちで人員カットのニュースがにぎわう。

うちにも静かに変動が起きていて、当たり前だけど息子は自分で起きて大学に行き、お金も含めて全てを自分で管理するようになった。アルバイトも学校も送り迎えは要らないし、自分でマネージしてくれる。お。大人になったじゃん?
娘は起こさないといけないけど、前のスクールホリディに履歴書を12枚ショッピングセンターで配ってきて、それがようやく実を結び、量販店でのアルバイトをGETしてきた。来週から娘もアルバイトを始める。もうすぐ16歳で16歳になったら自給が上がるそう。
私たちから何も言ってないけど履歴書を自分で作ってダーリンにチェックしもらって、配りに行ったときは驚いたけど、面接も一人で行って、オリエンテーションも行って、ロスターも考えて、もう、感動の域。あの小さかった娘の急成長に驚きと嬉しさが混じる。

この10年は子育てにまい進したけど、これからの10年は子離れの10年になりそうだ。
子供中心から自分中心に動き始めたからご機嫌なのかな~・
だとしたら不機嫌に子供中心にしてたことになるな。それって子供かわいそうだな。私の子供でかわいそうだなと思うこともあるけど、母の日に『ママが一番。大好きありがとう』なんて言われると私の子供でいてくれてありがとうとつくづく思う。子はかすがい。。

怠け者の私ががんばりやさんと言われるようになったのはきっとこの子育てのおかげだと思う。もともと、小中学校のころから成績表に頑張り屋さんと書かれてたけど、自分はがんばった意識がなくて。がんばれないほうばかり見てるから、自分はたいそう怠け者と思っていて、ほおっておくと怠けるので忙しくしてただけなんだけど。

昔から若いのに落ち着いてるね、なんて見せかけの落ち着きはあったけど、あわてんぼうのおっちょこちょいのサザエを地で行く私は、落ち着いた人にあこがれているだけで、一向に見せかけの落ち着きだけ。
でも、落ち着いているとほんと落ち着いて、うきうきするってことがないかもなと思う。浮かない。。それもよしだけど、浮きたい時は浮こうと思う。

浮くとご機嫌になる気がするから。
[PR]
# by sonnenblumensan | 2012-05-23 21:58 | 徒然

Zopf

Zopfとは スイスで日曜日に食べるパンというのが私の理解。何度も義理ママに教わったけどすぐ忘れてしまうのよね。今年の1月にもスイスへ行ったときにまた教わったけど、やっぱり忘れてしまうのよね。。

先月、レシピブックを整理したときに2005年の末に義理パパ、ママが来てくれた時に材料と作り方を書いていってくれたもの(ドイツ語ですが)が見つかり、日本語で検索したレシピも見つかり、久々に焼いてみました。

Zopfを作ってる時のダーリンの子供のような”うきうきわくわく”の嬉しそうな顔といったら!単純なやつ。。

うーん、美味しいよでもなんかちがう。。。確かに義理ママのようには’美味しくない。で、先週もリベンジ。
で、またもう少し、何か違う。。

で、今日もまたリベンジ。あくなき戦いは続く。。
f0097189_21541456.jpg

[PR]
# by sonnenblumensan | 2012-05-19 21:54 | 手作り

お与え

私の母が9年ぶりにメルボルンにきます。

明日は私たちの結婚記念日ですが母が妹と子供たちと来るのでどうやら準備の日になりそうです。

せっかくはるばる来るのにフルタイムで仕事をする妹はゴールデンウィークの1週間しか休みが取れず、5泊するだけです。スイス人の夫とともに19年過ごしてきましたが、彼と結婚してから休暇といえば最低4週間。日本で生活中はオーバータイムを休みでもらって4週間ヨーロッパと2週間はアジアの諸国へ旅行と贅沢に休みを頂いていました。オーストラリアに来てからも日本や、スイス、スイスに行くときのはどこかのアジアの国で4-5日を過ごしたり。オーストラリアのどこかへキャンプとか旅行とか。1週間しか休みがないと言う状況とは程遠いところにいます。
休みが長い分使うお金も多くなるのは必須ですのでオーストラリア内ではいいホテルなんぞは滅多に泊まらず、
もっぱらキャンプ。ゴージャスホテルで2-3泊より2-3週間ホリディのほうが贅沢と思えます。

そんなこと言うと日本にいる知人友人に”仕方ないじゃないか!こっちは日本人なんだから”と怒鳴られそうですが、国際結婚した強みでもあれば、違うカルチャーで言葉で苦労してる分の代償でもあるかもしれないと思います。これが、運命?いえ、これはお与え。神様?からのお与。よくも悪くも。と。

私の母はよく、このお与えという言葉を使います。
働くお与えをもらったと思って喜んで働いてるとよく言います。休むことが下手な人です。まるでマグロのように止まっていることができない人です。
もう75歳になりましたが、まだまだ畑仕事や家事、妹の子供たちの世話など本当に良く働きます。こういう人は何もしなくてもいいよと言われることが苦痛なのだと思います。

私もよく知人友人に良く働くと褒められたり、同情されたりしています。
でも私は休むこと大好きでほおっておくとだらだらするのも大得意です。なので色々用事を入れて忙しくしたほうがだらだらしてしまったという罪悪感がないのです。

私にも色々なお与えがあります。料理するお与え、掃除をするお与え、子供を育てるお与え、夫を思いやるお与え。外で働くお与え。友達と遊ぶお与え。そして何かしら苦労することもあるお与え。そしてそのご褒美にゆっくり休むお与え。粛々と毎日を生きていると生きるお与えがあることにも気がつきます。

そうして出来る事が増えたり、できたことに満足したりして、幸せを感じ、できないことや、無いものを観て不満に思うのです。そういうことを感じて、勉強するお与えがあるのはありがたいことです。

母はきっと、”またメルボルンに行くお与えが有った”と来ることでしょう。。
[PR]
# by sonnenblumensan | 2012-04-24 22:57 | 徒然

思考は現実化する

思考は現実化するというか、デジャブーというか。。あれ、そんなこと、前考えてたな~というのが現実になるときってたまにある。

スイス人との結婚ももともとスイスに行くのが遠い昔、小学生の時の夢だったのがどこか心の奥にあったからのような気がする。もちろんそれが理由ではないし付き合ってときはそんなこと思いもしなかったけど。

子供が授かる前に、準備ができて、山本さんという人のお墓に行った夢をみた。(生まれ変わり?どの山本さん?)そのときは妊娠しなかたっけどその夢で、私は子供が欲しいと思ってることに気がついた。
その数ヵ月後妊娠した。

自転車やハワイ旅行が当たったときは、なんとなく何かが当たる予感がしてた。(その催しにおいて)

高校生のとき銀行って3時に終わるんだ~良いなあ~と思ったら銀行員になれた。けど、実世界は全く違って苦労の連続。残業しない日はなかった。。

結婚する前、オーストラリアに住んでみたいと思ってた。それから何回もここにきてあんまり魅力を感じなくなったけど、結局すむ羽目になった。

すむ羽目になったなんて思ってるから、ちょっと最初は苦労した。でもいい人にめぐり合えていろんなご縁に助けられて幸せと思ってたら幸せだった。

周りに感謝しているときは幸せ感がいっぱいで、周りに対して怒ったりないものを見てるときはそうでもなかった。けど。この現状を幸せでないと思うなんて許されないと自分に語るとますますしっくりこなかった。
なんか違う。どこか違う。見てる場所が。感じてるものが。。

人生には波があってなんでもない日常がとても幸せに思えるときと、そうでない時。でもどっちも間違ってなくて、どっちも自分。
ご縁や人に感謝している自分は好きで、嫌いな人を心の中で攻撃している自分は好きじゃない。そういう思いにさせるその人がもっと嫌だったり。
でも、会わなくなればいいのになんて思ったりすると、いなくなって欲しくない人がいなくなってゆく。引っ越したり帰国したり。。。それでわずらわしいのはいつもいる。
わずらわしい人がいるだけで思い出して怒るなんて、人間小さくて、いかん。ホルモンのなせる業かとも思うけど。怒りの元をただせばきっと、どおって事ないことなんだろうと思う。
仮にその人たちがいなくなってもきっと、他のことに腹を立て始める危険性もある。そう、つまりはその人たちは変えられないし自分が変わるしかない。嫌な気持ちを捨てるしか。。。


右往左往しながら、自分に焦点をあてていたら、そうか、やっぱり欲しいものは手に入ってる。(マテリアルやお金じゃなくて)

神様なら神様が、潜在意識なら意識が、宇宙なら宇宙が、私の思考と誰かの思考が上手く合うときに、会わせてくれる人がいて、勉強しなさいというときはそういう人が現れたり、事が起こるだなあ~。
とますます実感するこのごろ。

良い思考をもっていたいねぇ~。
[PR]
# by sonnenblumensan | 2012-04-11 21:35 | 徒然

映画三昧

最近、大きな51インチのTVを買いました。夫念願の。
わたしはほとんどTVを見ないのでそんなものは要らないとかたくなに反対していましたが来年にはデジタル化されるし、まあいいっか~と。

購入後、ほぼ毎日映画を見る夫。
今日はマット デイモンがでてました。
うちのダーリンは昔のジャック ニコルソンとかに全然似てないけど、なんとなく似てる(眉毛とかが)
それを言ってもあんまり嬉しそうじゃないんですが、ああマットの髪型が似てるかもと思って、あなたってマットに似てるわね。とヨイショしたらまんざらでもなさそうにニタニタしてました(そのニタニタがジャックニコルソンだわ)

で 調子にのって、あなたに会ったことのない人が私の夫はどんなルックス?ってきいたら マット デイモンって自慢するわね。って言ってあげて、あなたは私のこと聞かれたらどういうの?って聞いたら間髪入れずにゴジラ
ガオーって入ったら、いや、カンフーパンダって・・・・・。

職場では若い同僚に 松阪慶子とか、熊谷まみとか、言わせているのに。ふん!!
[PR]
# by sonnenblumensan | 2012-04-02 22:05 | 徒然

いざ!12年目スタート

12年前の今日、私たちはメルボルンに移住した。
12年目ですよ12年。早いわ~。そりゃあ34歳の若いママだった私がアラフォーも軽く吹き抜け、あら?!(もう)フィフ(ティー)だそうで。その次のDecadeはあら~還(暦)なのだそうで、こんな調子じゃアラカンもそう遠くないなとなと予想できちゃうわ。

しばらくぶりにブログ更新です。これからも思いつくまま、気負わずだらだらとやっていきます。今年も宜しくお願いします。
今頃新年のご挨拶♪
なんだか忙しく、心身ともに疲れてきた年末。クリスマスからスイスへ5週間の里帰り。そのうち2週間はお決まりのDAVOSでスキーホリディ。満喫しました~~。通常4lキロ太るスイス里帰りもスキー合宿のおかげか1キロ増のみで。帰りにシンガポールに4日間滞在したけど、水着は買い控えました。やせるかもしれないと言う希望の元に。。。。(で、やせなかった・・・)
シンガポールのお買いものはそれはそれは楽しかったけど、お金がないと楽しめないわね、日本にもだけどさぁ~。

そのスイスとシンガポールに行った5週間はネットもあんまり使わず、FBのゲームもお休みして、家事は義母任せで時間があるある。もって行った14冊の本は読了しました。
かえってきても改めてで本を読める幸せが。。読みたい本山積みでなかなかブログまでたどり着けなかったわけです。。
最近は5冊ほど同時進行で読んでいて、1週間で3冊ペースです。日本にいたときは月2万円ほど本代で出て行きましたからそれに比べたら全然お金使ってないわ・・自分で本屋へ買いに行くわけでないので手当たり次第、捨てる本もらったり、古本買ったり。おかげで自分じゃ買わなかっただろうと思われる本も読むようになりました。

子育てが始まってから映画や芝居はとんとご縁がなくなって、映画やグルメや、美術館やそういった文化的なものが大切なものではなくなったので惹かれなくなったけど、本だけは子供が寝たすきによめるので大人買いしてたんですね~。今子供に手がかからなくなって、少しずつミュージカル行ったり、映画をみたり、JAZZ聴きに行ったりできるようになりました。

息子も(もう僕ちゃん、ハニーちゃんは卒業です)大学生になり、娘も高校生になり、仲良し家族でありがたいし、やっぱりここに来たメリットは大きいなあ~と感謝の12年目。大体日本のままだったら旦那さんずーっと単身赴任みたいなもんだったろうし、家族が家族の形態をもって家族として支えあってこれたのもオーストラリアへ行く決心をしたおかげ。

それでなくても異国で暮らすのは大変で、国際結婚は大変で、何かメリットなくちゃやっていけないわ!と先日元同僚のSちゃんと話してたんだけど。オーストラリアにいる、子育てのメリットは大きいし、ライフスタイルのメリットも大きいし、ゴルフが仕事に行く前にできるってのはホント素晴らしいし。小さなデメリットは数えないようにしようと思う。

どこにいても幸せ。ありがたいことです。
[PR]
# by sonnenblumensan | 2012-04-01 23:23 | メルボルン

親になり初めて分かる親心かな

いきなり。ありきたりのような一句のタイトルですが。

子の親となり早18年。親になって初めて分かる親心とは、こどもを持った時からいちいち、ホントやな~って思うことが多く、改めて親に感謝したりするのだけど。

わが息子も高校を10月末にめでたく卒業し、いっちょまえにフォーマルのスーツを着て、卒業式を兼ねたフォーマルディナーに行ってきました。まだ可愛いけど、、大人ジャーン!って感じです。
このフォーマルにはパートナーもつれていっていいのだけれど連れて行く子もいれば行かない子もいて。息子はDate(といいます)なしで参加しました。ま、お一人$85の料理ですし、誘われた子もフォーマルドレスを着るわけなのでとってもお金がかかるし。誘った子が違う学年や学校だったら、きっと招待せねばならないので親子3人とガールフレンド、結構な出費です。いやいや、お金じゃないから彼女がいたら喜んで招待するんだけどね。
ディナーのあとはナイトクラブに生徒が主催のPartyにおでかけ。ま、その Partyは夜11:30から始まったので勿論、帰りは午前様。でも学校も関係してるし大人数だしで、さほど心配せずさっさと寝ました。寝付かれなかったダーリンは夜中の3時(だったかな)帰ってきたといってました。私はぐっすり寝ました。
幸か不幸か彼女はいない模様。彼女はいなくてももう親なんて蚊帳の外って感じですが。
男の子を持つ友人は、男の子なんて彼女が出来たら母親そっちのけでそっちにいっちゃってつまんないよ~。と言ってましたが、中には『女の子は感情のUp Downが激しくて大変そう。うちは女の子がいなくて良かったわ~』と女の子を持つ私に言ってくる人もいますが。

実際、息子を大切に思ってくれる子だったらきっと誰でも嬉しいだろうし、反対にいくら才色兼備でもオレ様状態のお姫様だといやだなぁ~と思います。息子に苦労をかけさせないでね。ってね。勿論息子のほうもにも必要ですが『思いやる』気持ちで付き合って欲しいと思います。

私は狙ったわけでないけど男の子と女の子に恵まれて幸せだったな~と思います。でも女の子だけでも男の子だけでも一人っ子でも5人兄妹でも授かったらそれで幸せだったと思います。性別や人数なんて、そんなところに良し悪しなんてあるはずもないのですから。

さてさてそんな10月が終わり11月の最初の2週間はVCE のEXAMでした。日本で言うセンター試験のようなものです。このテストの結果で入れる大学が決まります。選択した科目によっては3週間かかります。卒業式はしてもこの試験が終わるまでは羽は伸ばせません。
で。息子は今週の火曜日で全日程を終了しました。

受験生の息子がいるとぴりぴりするかと思いましたが、テストの週になると思いのほか、彼はとってもリラックスしてました。
勿論ストレスがないわけではなく、この1年彼のストレス量は彼の弾くピアノで分かりました。もやもやしたり。イライラしたりするとすぐピアノを弾くからです。9年生の時でピアノのレッスンはやめてその後1年ピアノに全く触らなかったけど、去年から少し弾きはじめ。段々ピアノを弾く時間が増えて行きました。ストレスの度合いがそのピアノに向かう時間でなんとなくわかるのです。
高かったレッスン料に箸にも棒にもひかからない技量でしたが、ピアノやっていて本当に良かったです。とてもよいストレス発散になりました。

全日程を終えた日。彼はまたクラブへGO! 帰ってきたのは午前2時半。行った場所がCityだったのとよく事件があった通りのナイトクラブだったので今度は心配で眠れず!

その昔父に遅くなって電話すると、すぐ帰ってこい!と怒鳴られたのが、今は気持ちが痛いほどわかり。心の中でお父さん、心配させてごめんなさい。と亡き父に謝ったのでした。
[PR]
# by sonnenblumensan | 2011-11-17 21:47 | 子育て

11-11-11

ぞろ目の日。そして今日は満月。St. Martin's Day そして義父の誕生日。
満月の日は色々なことが明らかになるという。。

ここのところダーリンと口をきかない喧嘩して。今回は最長記録で3日間。
いやー、超些細なことが発端で、犬も喰わない夫婦喧嘩とはこのことだけど。
あんまり些細すぎて書くことも憚られるほど。

でもそんな些細なことで3日間も口きかないなんて、お互い、我慢してたのが限界だったのだなぁきっと。腹たって仕方ないし、絶対自分からは謝らない!!って決心してたけど。
まあ、喧嘩両成敗で、半分は自分に非があるのもわかってたし。
半分以上は奴が悪いと思ったけど。

口きかないと、ウザイことも私が切れることもきかなくてよくて、結構いいんだけど。
ちょっと、彼が傷ついてしまったかと思った瞬間。後悔の念が沸々と。私は怒りでいっぱいで全然傷なんてついてないけど。

口きかないのも努力が要るし。もうやーめた!って。折れました。
ごめんね、(と本心思ってなくても)と折れられる私は偉い!!

満月の日に明らかになったのはやっぱり、ダーリン愛してるわ(うわ言い過ぎ)ってこと。かな。

とても大切な人でしたので、大切にしていこうと思ったぞろ目の決心。
[PR]
# by sonnenblumensan | 2011-11-11 21:54 | 徒然

ゴルフ道

ゴルフを始めてかれこれ1年半が過ぎました。いやあ。勿論まだまだペーペーで。なかなか上達しないんです。でもとっても楽しいので何とか続けています。これも、この下手なペーペーに付き合ってくださる皆様のおかげです。

実際、最近ゴルフを始められた人に連れて行って欲しそうな感じを受け取りましたが、ゴルフは絶対上手な人と回るといいですよ!と逃げました。本当のことですもん。私と回っても上達しませんよ。
で、そんな下手な私と回ってくださる方は希少な方なのです。大事な方々です。

ゴルフってやればやるほど奥が深くて。調子の良かったドライバーがパタッとスランプに陥ったり。
若いときからするスポーツって身体が覚えているので、昔取った杵柄でなんとかなるものですが、晩年にはじめるものは根気勝負です。身体がなかなか覚えてくれないので回数をこなすしかないのですがさすがにゴルフを毎日するほど恵まれた環境にはあらず。レッスンに行ってはスイングを直されて、次にコースに出るときには忘れてる繰り返し。うん、下手するとレッスン料は底なし沼で吸い取られていってしまうかも。でも間違ったスイングで練習を重ねては、下手なクセをつけてしまいます。
懲りずに来週から週1で1ヶ月レッスンにかよいます。年老いても続けるための投資なのです。

ゴルフは人生のようだと私の師は仰います。実に性格が現れると笑われるのです。
スコーンと第一打は思いっきりよく直球ど真ん中にとび、その後i行ったり来たり、迷ったり、グリーン周りで力加減をしなくてはいけないところも思いっきり突き進みます。手加減を知りません。肩の力が抜けていません。グリーンではついつい行き過ぎて今度は足りなくて、読みが浅くてなかなか。
うーん、私の人生に似てると言えば似ているかも。必要なのは肩の力を抜くこと。

そこへプロにレッスンを受けながら回る人の後ろに着きました。プロはアマの上手な人と雲泥の差。
やっぱり極めることはすごい。軽く力みのないスイングでと綺麗に遠くへ飛んでいくボール。あの距離を飛ばすのに使う力はきっとわずか。効率よく、無駄がなくスムーズです。
ああ、あやかりたい、人生にもゴルフにも。
人生は深い。そしてゴルフも深い。。。

(現在とうとう四十肩もどきとなりちょっとビビッてます。メンテナンスにいかなきゃ~~)
[PR]
# by sonnenblumensan | 2011-09-27 20:28 | 健康

重陽の節句

重陽の節句ですね。
日本にいたなら今頃、菊花酒でも飲んでたりするんじゃないかと。でも日本にいたら重陽の節句は七夕やひな祭りやこどもの日、みたいに幼稚園の年中行事にないので忘れていたかもな~~。でも菊の葉っぱの天ぷらは食べてそう。
来週は中秋の名月。
子どもの頃、庭にゴザ敷いて団子とススキの入った花瓶を小さな机の上において、親と月見をしました。ゴザの上に靴を脱いで上がるのがままごとみたいでワクワクしたっけ。毎年したわけではないけど、今から思えば風流だったなぁ。月の中にウサギは勿論、他国では女の人の顔だったり、蟹だったりするのだと父に教えられ延々と見ていた記憶があります。

星を見るのも大好きで、北極星と北斗七星はすぐ見つけられたし、夏は白鳥座とかベガとか、冬はオリオン座とか探してそれが動いていくのを時間を追って観測するのが好きでした。田舎なので星は降るほど見えましたが、年々見えなくなって。今ではもう降るほどの星は実家の庭からは見えません。

こちらは南半球。勿論北極星は見えませんが天の川はみえるし、オリオン座だって見えます。なんてったって南十字星があります。そして昔、実家で星空を眺めたように、普通に星がみえます。
グランピアンズやフィリップ島等田舎に行けば星が降ってくるほど見えます。キャンプに行けば子供と星空を見ましたが、残念ながら子供たちは星の観測には興味がなかったみたい。

ハニーちゃんの誕生日のパーティは自分でオーガナイズしてました。けど、ダーリンがイソイソと手伝って、裏庭にテント張って、キャンプファイヤーの用意して二人でジュースやお菓子やマシュマロいっぱい買って。Sleep Over Party.
マシュマロ串にさして溶かして食べて、(こちらではキャンプファイヤーの定番)フォークギター鳴らして歌ってみたり。あら~可愛い!と思ったのもつかの間。Lap Topテントに入れて、映画鑑賞会してました。やっぱりここらが現代っこ。

焚き火はやっぱりいいにおいがして、こういうの好きだなぁ~~。自然にかえるひと時。
f0097189_20274836.jpg

[PR]
# by sonnenblumensan | 2011-09-09 21:18 | 郷愁