重陽の節句

重陽の節句ですね。
日本にいたなら今頃、菊花酒でも飲んでたりするんじゃないかと。でも日本にいたら重陽の節句は七夕やひな祭りやこどもの日、みたいに幼稚園の年中行事にないので忘れていたかもな~~。でも菊の葉っぱの天ぷらは食べてそう。
来週は中秋の名月。
子どもの頃、庭にゴザ敷いて団子とススキの入った花瓶を小さな机の上において、親と月見をしました。ゴザの上に靴を脱いで上がるのがままごとみたいでワクワクしたっけ。毎年したわけではないけど、今から思えば風流だったなぁ。月の中にウサギは勿論、他国では女の人の顔だったり、蟹だったりするのだと父に教えられ延々と見ていた記憶があります。

星を見るのも大好きで、北極星と北斗七星はすぐ見つけられたし、夏は白鳥座とかベガとか、冬はオリオン座とか探してそれが動いていくのを時間を追って観測するのが好きでした。田舎なので星は降るほど見えましたが、年々見えなくなって。今ではもう降るほどの星は実家の庭からは見えません。

こちらは南半球。勿論北極星は見えませんが天の川はみえるし、オリオン座だって見えます。なんてったって南十字星があります。そして昔、実家で星空を眺めたように、普通に星がみえます。
グランピアンズやフィリップ島等田舎に行けば星が降ってくるほど見えます。キャンプに行けば子供と星空を見ましたが、残念ながら子供たちは星の観測には興味がなかったみたい。

ハニーちゃんの誕生日のパーティは自分でオーガナイズしてました。けど、ダーリンがイソイソと手伝って、裏庭にテント張って、キャンプファイヤーの用意して二人でジュースやお菓子やマシュマロいっぱい買って。Sleep Over Party.
マシュマロ串にさして溶かして食べて、(こちらではキャンプファイヤーの定番)フォークギター鳴らして歌ってみたり。あら~可愛い!と思ったのもつかの間。Lap Topテントに入れて、映画鑑賞会してました。やっぱりここらが現代っこ。

焚き火はやっぱりいいにおいがして、こういうの好きだなぁ~~。自然にかえるひと時。
f0097189_20274836.jpg

[PR]
by sonnenblumensan | 2011-09-09 21:18 | 郷愁
<< ゴルフ道 Happy Father... >>