思考は現実化する

思考は現実化するというか、デジャブーというか。。あれ、そんなこと、前考えてたな~というのが現実になるときってたまにある。

スイス人との結婚ももともとスイスに行くのが遠い昔、小学生の時の夢だったのがどこか心の奥にあったからのような気がする。もちろんそれが理由ではないし付き合ってときはそんなこと思いもしなかったけど。

子供が授かる前に、準備ができて、山本さんという人のお墓に行った夢をみた。(生まれ変わり?どの山本さん?)そのときは妊娠しなかたっけどその夢で、私は子供が欲しいと思ってることに気がついた。
その数ヵ月後妊娠した。

自転車やハワイ旅行が当たったときは、なんとなく何かが当たる予感がしてた。(その催しにおいて)

高校生のとき銀行って3時に終わるんだ~良いなあ~と思ったら銀行員になれた。けど、実世界は全く違って苦労の連続。残業しない日はなかった。。

結婚する前、オーストラリアに住んでみたいと思ってた。それから何回もここにきてあんまり魅力を感じなくなったけど、結局すむ羽目になった。

すむ羽目になったなんて思ってるから、ちょっと最初は苦労した。でもいい人にめぐり合えていろんなご縁に助けられて幸せと思ってたら幸せだった。

周りに感謝しているときは幸せ感がいっぱいで、周りに対して怒ったりないものを見てるときはそうでもなかった。けど。この現状を幸せでないと思うなんて許されないと自分に語るとますますしっくりこなかった。
なんか違う。どこか違う。見てる場所が。感じてるものが。。

人生には波があってなんでもない日常がとても幸せに思えるときと、そうでない時。でもどっちも間違ってなくて、どっちも自分。
ご縁や人に感謝している自分は好きで、嫌いな人を心の中で攻撃している自分は好きじゃない。そういう思いにさせるその人がもっと嫌だったり。
でも、会わなくなればいいのになんて思ったりすると、いなくなって欲しくない人がいなくなってゆく。引っ越したり帰国したり。。。それでわずらわしいのはいつもいる。
わずらわしい人がいるだけで思い出して怒るなんて、人間小さくて、いかん。ホルモンのなせる業かとも思うけど。怒りの元をただせばきっと、どおって事ないことなんだろうと思う。
仮にその人たちがいなくなってもきっと、他のことに腹を立て始める危険性もある。そう、つまりはその人たちは変えられないし自分が変わるしかない。嫌な気持ちを捨てるしか。。。


右往左往しながら、自分に焦点をあてていたら、そうか、やっぱり欲しいものは手に入ってる。(マテリアルやお金じゃなくて)

神様なら神様が、潜在意識なら意識が、宇宙なら宇宙が、私の思考と誰かの思考が上手く合うときに、会わせてくれる人がいて、勉強しなさいというときはそういう人が現れたり、事が起こるだなあ~。
とますます実感するこのごろ。

良い思考をもっていたいねぇ~。
[PR]
by sonnenblumensan | 2012-04-11 21:35 | 徒然
<< お与え 映画三昧 >>