人気ブログランキング |

星に願いを

メルボルンにいると、ごく自然に日本の暦を忘れてしまう。
半分は日本人の子供たちに、日本の事を伝えられるのは私しかいないという、気負いから子供たちが小さい頃は何かと行事にこだわったものだ。
メルボルンに来てからも、我が家にはガラスケースに入った五月人形が玄関を入ったところに置いてあるし。ほぼ毎年子供達の夏休みが終わる頃(1月の終わり)に雛人形も飾るようにしている。正月前には餅を搗いたり。
しかし、やっぱり、暑いクリスマスを過ごす私たちは、何か季節感に無理がある。
メルボルンにはゴールドコーストよりも、パースよりも四季があるけど。季節の行事が・・・・どうも、しっくりこないのである。

この真冬の七夕のように。。

冬にはキャンドルライトや、街のイルミネーションが似合う。。メルボルンのクリスマスは電飾が熱い。。で、冬には何も無い。冬にこそ、華やかな電飾をして欲しいものである。
メルボルン人の鬱病が、冬にはぐーんと増えちゃうのも分かる気がする。
冬にこそ、心温まるイベントがあるといいのに!!


七夕といえば、4歳のときにテレビで、アフリカに住むフランス人の女の子の友達が象で、象の頭に乗っている映像をみた僕ちゃんが、その年の七夕の短冊に、『象さんの背中の乗りたいな』と書いた。その次の休暇で、家族でバンコクへ行ったとき、象の背中に乗ることが出来た僕ちゃんは、短冊の威力に驚いていた。因みに私が短冊に願いを込めた事は、ミリオネアになりたいということ以外は、叶ってるような気がする。。
宝くじ当たんないかあ・・・今年も書いておこう。


メルボルンの夜空は星が綺麗だし、少し田舎に行くとそれはそれは感動する星空だ。然しながら最近雲が多いメルボルン。今夜は、星空、どうかな?
by sonnenblumensan | 2006-07-07 09:29 | 徒然
<< 決勝戦 omiyage >>