9月になったのに

さぶい・・・いや、寒い。今日は一段と冬へと逆戻りの寒さだった。先週は20度を越える日が多く、気持ちの良い青空のメルボルンだったのに。ハニーちゃんを学校へ送った後、ビーチ沿いのその名もBeach Roadをドライブして家に帰ってたりしてたけど。今週は寒くてグレー。

今年も冬は寒かったけど、降水量が少なくてスキー場はリフトが3本しか動かなかったし、既に9月に入ってからは給水制限(のようなもの)が始まった。車はホースの水では洗えないし、芝生に水をまく時間制限もある。今年は水撒きも偶数日か奇数日かで決められている。歯磨きの間は水道を出しっぱなしにしないとか、シャワーは4分までとか。みんなで努力しよう!!と言う、政府からのお達しだ。
日本人は毎日風呂に入るなんて言おうものなら、なんて水の無駄使いと思われかねない。たまのお風呂が本当に嬉しくなるわけが分かるでしょ?
メルボルンの年間降水量は日本の6月、1ヶ月の降水量と同じくらいだから、いかに水不足かわかってもらえるだろうか。水はただ同然のと思ってる日本人の方には、メルボルンにお越しの際は心して頂きたい。メルボルンでは9月になっても寒くても、雨が降ったら喜ばなきゃ!なんである。

9月になったのに、私の体調も回復しない。
メルボルンにきたばかりの8月。今までにない風邪を引いた。何十年ぶりかに40度の熱がでた。3週間近く、子供の世話をしながら、寝たり、起きたりになった。そのとき身体中に発疹がでて、医者には抗生剤を貰った。でも効かなかった。
その次の年の8月、身体の調子が悪く、ひょっとして若年性更年期障害?って思ったけど、医者に行ったら甲状腺の機能障害が発覚した。
その次の8月も、その次の8月も身体の調子が悪くなった。8月になると寒くなって免疫が落ちるようだ。そのせいか花粉症にもなる。でも、毎年9月になると自然に落ちつくのに。

9月になっても思わしくない。身体が冷えたまま温まらないし。身体中に発疹が出来て痒いし、胃が痛くて顔にも吹き出物ができるし。ホルモンバランスが悪くて気分が浮き沈みしてしまう。免疫が落ちると乳歯まで痛くなってくる。(私にはまだ乳歯が残ってるんです!)なんだか接骨院にたむろしているおばあちゃんたちみたいに、どこが悪いの自慢話に似てきてしまったが。ダーリン曰く
I love you but hate your hormone

なんだそうで。

もうちょっと、歯の(乳歯の)浮く台詞で元気付けるとか、ないの~??

そうそう、こんな所に書いて愚痴ってるってくらいだから、たいしたことないでーす。普通の生活です。
[PR]
by sonnenblumensan | 2006-09-06 20:50 | 徒然
<< 白魚のような・・・ 父の日 >>