人気ブログランキング |

春なのに

春爛漫の陽気に誘われなんとなく、ピンクの花に心躍る昨今。
やっぱり、花見のシーズンを彷彿させるからか、梅や桃がどのとおりにも咲き誇っているのを見ると嬉しくなってくる。斜め前にあるおうちには桜もある。

今日はハニーちゃんの学校がカリキュラムディでお休み。私もお仕事はお休みした。で、仕事のあるお友達の子供を預かった。フルタイムの仕事もちのお母さんたちに、このカリキュラムディはとっても評判が悪い。『どうしろって言うのよ!』と嘆くお母さんたちは多い。幸い私はカジュアルワーカーなので、お休みを頂く。仕事を持ってるお母さんたちでお互い何とか助け合ってる。

こんなぽっかりのお休みでも、陽気な日はまだ良い。公園に行けばすむからだ。雨降りの寒い日は困ってしまう。そんな日は映画に連れて行ったり、スケートセンターに連れて行ったりで、出費もかさむ。公園では子供も親と二人でいるよりはお友達と遊んだほうが楽しいので、預かるのは一向に構わない。


今日はいけばなの先生のお宅に、レッスンに行ったが、勿論子供たちも連れていった。先生のお宅で自前のDVDを見ながら私の稽古の間は待っていてくれた。

その先生のお宅で石狩挽歌(北原ミレイ)の話になり、私にはまったく分からない歌の話から懐メロの話になった。

仕事場でも突如、懐メロが口をつくことがあるが。われながら、よく覚えてるもんだ。と思う。
私は中学生の頃は、洋楽にもめざめ初め、ビリージョエルやポリスなんかも聞いてたけど。
それもよりもやっぱり覚えているのは『ザ、ベスト10』なんかでおなじみの歌謡曲なのだ。
歌謡曲なんて全然好きじゃないって背伸びしてたのに。アイドル?けって思ってたのに。フォークソングなんかが好きでギターなんか弾いてたのに。

一種の刷り込みなんだろうな。。少し恐ろしい。だって、春といえば柏原芳江の春なのに、お別れですか~というフレーズがしつこく、頭の中を回転する。いやだってば。嫌いだって思ってるのに!!

大事なことはあんまり良く覚えていないのに。どうでも良いことはよく覚えてる。記憶ってやつはなんてあいまいなんだ。。
時々、パンドラの箱が開くように、とんでもないことを思い出すこともある。
昔、ツリー型の記憶方法の本を読んだことがあるが、まさにそれ。シナプスが何かの刺激でつながって急に思い出す。反対に、そこまで記憶がつながりそうなのに、思い出せない歯がゆさ。ここのところそっちのほうが多い。。。。認知症の始まりか・・・





今日は公園にて子供たちを遊ばせている間は読書に勤しむ事が出来た。僕ちゃん用に買った『14歳の君へ』という子供用の哲学の本を読んだ。ピクニックシートを引いて寝転びながら。ハニーちゃんももう、11歳。心配ごとなど無いが、よそ様の子を預かっている以上、子供だけにはしておけない。責任重大だ。なんといっても訴訟社会のオーストラリア。

先日もハニーちゃんが乗馬に連れて行ってもらい、レッスンを受けてきた。そのたった1回のレッスンを受けるのにたくさんの書類が。。サインをするのは、”子供が落馬しても訴訟を起こしません”という欄。
f0097189_21302069.jpg
春だからとうきうきばかりはしていられないくて、少し寂しい、というか怖いというか、異常というか。子供を守るのも大変だ。。

春なのにため息またひとつ。。。
by sonnenblumensan | 2007-08-24 21:46 | 徒然
<< 9月になったのに (今年も) 送り盆 >>