人気ブログランキング |

スイスあれこれ

スイスは好きかと聞かれたら間違いなく好きだと答える。オーストラリアはと聞かれれば、即答は出来ず。好きと言うにも躊躇する自分がいる。では、日本は?やはり好きとか嫌いとかそういう次元の国ではないのだ。日本人であることは宿命であり、選べない。オーストラリアは選んできた結果だけど、私の希望ではなく、家族のあり方を考慮した上で選んだ国。日本でよりもスイスでよりもより公平でいられる国。嫌いではないが好きでもない。
f0097189_7512734.jpg



スイスの何が好きかと聞かれたら、時間通りに物事が運び、理路整然としていること。なんとなくとか、適当にと言う言葉が似合わない国だと思う。
観光地に限らず、どこも綺麗に片付いていて、町並みもとても趣があると思う。

十数年前に、僕ちゃんが生まれる前、スイスからダーリンのメルセデスのコンバーティブル(古いもの)でオーストリアのインスブルグへ、それからイタリアのメラノのドライブしたことがあった。オープンカーでドライブいうのは、僕ちゃんが2歳になった時点で手放したのでそれ以来ない。
スイスからオーストリアへ入った時点で車道のスムーズさが全く違うことに気がついた。そしてイタリアへ入れば家の周りがごちゃごちゃと色々なものがおいてあり、片付いてない。(イタリアの田舎なのでかも)そして道はオーストリアよりもさらにガタガタ。道で国がわかるよと言ったダーリンの言葉が良くわかった。でもポプラ並木の道は綺麗で何しろ空がスイスより明るく晴れやかだった。こうして陽気なイタリア人気質は作られ、陰気なというかあまり微笑まないスイス人気質は天気に因ることが大きいのかも思った。
スイスの中でもアルプスを一つ越えれば方言が変わり、言葉が変わり、小国であるのに文化や言葉が違うのが非常に面白い。

f0097189_752485.jpg


ま、ベランダに洗濯物を干せばヒンシュクとか、日曜日に掃除機をかけたら大ヒンシュクとか細かいところにも気を使わねばならないけれど。時々旅行に来るくらいじゃ、どおってことはない。
先出の下着にもアイロンも地下室での洗濯、日光にさらされぬ洗濯物の除菌の意味もあるらしい。ベランダに布団を干せる日本は有る意味、清潔だ。

スーパーに行けば一つの商品にドイツ語、フランス語、イタリア語で説明書きがついている。
英語は無い。いやいや、1ヶ月だから我慢も出来るし、ダーリンや義理ママと買い物に行けば聞けるし、困ることも滅多に無い。これが住むとなるとどうだろう?オーストラリアで英語でも面倒に思ったり、わからないこともあるというのに。オーストラリアでは滅多に買わない新聞も英語の新聞を見つけると思わず買ってしまった。読めて、理解できると言うのはなんとありがたいことか。
f0097189_7524884.jpg


私にとってスイスは時々お客さんで旅行に来るには大好きな国。でも住むとなると苦労が見えて躊躇う国だ。オーストラリアって物事が順調に運ばなくていらいらするけど、本当に大らかで適当さに救われることも多い国。
f0097189_758726.jpg



今回の旅行で僕ちゃんが重い荷物を持ってくれたり、スキーでも転んだ私を助けに来てくれたり、今までとはかなり様子が違ってきたことに気がついた。
ハニーちゃんをバギーに入れて僕ちゃんの手を引いて荷物を背負って、肩にもかけてバンコクでダーリンと待ち合わせてスイスに出かけたことも有ったけど。あのときの苦労が忘れられないから、今回のように飛行機の中でも眠れておまけに息子が荷物をもってくれるなんて想定外でこんなに早く、海外旅行が楽になるなんてと感無量だった。

今まで、良いフライトというのは飛行機のなかで子供が泣かず、寝てくれるフライト。自分が寝るなんて期待もしてなかった。旅行のたびに苦労話があったけれど。子供を守るのに必死だったけれど助けられる側にまわったなんて・・・。
今、幼い子を子育て中の皆さんにはあっという間に楽になるよ~っと励ましてあげたい。
いろいろ親の批判もされるようになったけれど・・・
f0097189_83824.jpg

by sonnenblumensan | 2008-02-25 08:54 | 旅行
<< 最近はまってること お義母さま・・・ >>