人気ブログランキング |

カテゴリ:徒然( 148 )

冬はつとめて

清少納言は春は曙。夏は夜。秋は夕暮れ。冬はつとめて(早朝)と枕草子に記したが、冬の早朝って、いつまでも暗いし、寒いし。確かに雪でも降っていれば、朝起きたとたんに一面の銀世界が広がり、早朝のざわめきも聞こえず、静かな朝というのは趣きもあり、いとをかし。なんだろけど。日本では夏より冬のほうが断然好きだったけれど、メルボルンの冬は本当に、いまいち!趣がない。あな、かなしである。
じとじとした日本の夏より、しばれる寒さのほうが好きとはいっても、それは日本だから。
今となっては蝉時雨さえ、恋しく思える今日この頃だ。とは言っても日本はかなり暑いらしい。それはちょっと御免だわ。。これは一つのとなりの芝現象だ。

ダーリン出張から帰る。ベッドに入ると読書の時間の彼。昨日は同じ時間に本を持ってベッドに入った。ダーリン、シドニーで新しい本を買ってきたらしい。Haruki Murakami の『Kafka On the Shore 』 私の手にしていた本は村上春樹の『海辺のカフカ』恐ろしい偶然だ。。

ダーリン早速、子供達の送迎などに一日を費やしてくれる。家事、育児分担はありがたい。然し、いつもの厳しいダーリンは健在で、はっきり言ってちょっとうざい。私は彼に完璧さなんて求めないし、人間何かしらポカをしているもんだと思うので、いちいち、彼の出来ていないことに目くじらを立てないし、言葉で伝えることもしない。それが彼をなおさら完璧だと思わせるのか、自分はミスしないと思い込んでるようだ。ま、これからはいちいち、揚げ足とってやろうか~なんて思えるけど。油に水、いや、火に油を注いでもなぁ~。いたらいたで、いないはいないで、これもとなりの芝現象。

さぁ、明日もつとめて早起きせねば~。
by sonnenblumensan | 2006-08-05 23:09 | 徒然

気になる木

f0097189_21332335.jpg


真冬に咲く真っ赤な花。でも情熱系じゃなくて。すらっと伸びた枝の先に紅い花だけ。

この家を買った時の最初の冬。名も知らぬ庭の木に妙に嬉しさを覚えた。
真冬はグレーがかった天気が多いメルボルン。その中に真っ赤な冬の花。オーストラリアの原木に違いないと思い、来る人来る人に訊ねていたけど、誰も知らなかった。

木を切ると白い樹液があふれてくる。夏にはみどりの葉っぱだけが青々としている。オーストラリアの原木は常緑樹なんだそうだ。紅葉するのはイギリス、ヨーロッパから持ち込まれた樹木だけらしい。冬には葉っぱは落ちてしまい花だけになるということは、オーストラリア原産ではないのか。。

そうして何年か後、(いや去年なんですけどね)この木は、この気になる木はポインセチアと判明した。植えて50年くらい経ってるからこんな木になってるんだそうだ。
恐らく、この家を立てた人が植えたのだろう。最初にこの家を立てた人は亡くなるつい8年ほど前までこの家に住んでいたそうだから。

我が家のご近所さんはお年寄りが多い。みんなよく見ていてくれるから、安全だ。
ちょっとつかまると、まあお茶でもとお誘いを受け、結構昔話をしてくれる。ありがたいご近所さんたち。きっと私の怒鳴り声もよく聞いていてくれることだろう。。。
いつも”You are doing great”と言ってくれる。
ぼうぼうの前庭の厭味かなとも思うけど、ペンキ塗りや草取りや剪定をしているのを窓越しに見ていてくれているようなのだ。ありがたい・・・・(--;)

残念ながらこの紅い花ももう散り際です。
然し、既にピンクの桃の花が通りでは満開です。春よ来い♪
by sonnenblumensan | 2006-08-02 21:53 | 徒然

そういえば

電車通勤で思い出だしたこと。

東京で吉祥寺から新宿までの最終に軽く乗り遅れ、電車は中野にどまりだったけど。
結構、酔っ払った女が一人で最終電車に乗っていても、フツーという日本って凄いなと思った。
(いや、お友達にはとっても心配をかけて本当にごめんなさいでした!!)
もっと凄いと思ったのが日本のお父さんたち。
最終電車の時間まで飲んでいても、タクシー乗り場には駆け足で、しかも、きちんと並ぶ。
明日も朝早くから仕事なんだろうなぁ。。。凄い。こっちじゃ見ることのない風景。。
一緒に飲んでた女友達も次の日、二人とも仕事に行ったっていうから、本当に凄い!!(私は寝込んでた~)
日本人ってタフ!だと心の底から思います。
身を削って働く、鶴の恩返しの鶴みたい。。。
少しは削れたほうがいい私。でも、過労死って、もう、英語でもKaroshiで市民権を得てるような。。過労死するまで働かないで~~。あ、話がそれたけど。。

今日も健康で、幸せな一日でありますように!!!
by sonnenblumensan | 2006-07-27 10:10 | 徒然

電車通勤

今月、事情があって月曜日と時々金曜日に電車通勤をしている。
こちらの電車事情は日本のそれとは多少(いやかなり)違う。
電車が5分遅れることは日常茶飯事で、なかには突然キャンセルされてしまう場合もある。

我が家は最寄り駅まで徒歩5分、仕事場は最寄り駅から徒歩1,2分という、電車通勤にはもってこいの状況だ。
切符は1日券が$9.70。。。高いといえば高いが、JR東海道線、大垣ー名古屋の片道と同じくらいだから、それでも日本に比べれば安いのかもしれない。こっちは1日何度も乗れてその値段。

私は背が低い、必然的に足も短い。近いとはいえ、歩くときはエクササイズも兼ねて一生懸命歩く。そんな私の脇を足のながーいお兄さんがスゥーっと追い抜いていく。く、悔しい。。一生懸命歩いたときに限って、電車が遅れる。

電車通勤のおかげで読書がすすむ。借りていた本、これで2冊読破した。日本みたいなすし詰め状態にならないので、(私が乗る時間はラッシュアワーからずれている為)必ず座って本を読む。

帰りは真っ暗。こちらに来たとき、夜7時を過ぎたら女の人は一人で電車には乗らないほうがいいと、オージーの友達から忠告された。トラムはいいけど、電車は危険だと。
で、帰りの電車は、うるさいのがいたりすることもある。でも、まだ7時半には乗れるので、思ったほど危険は感じない。人もまだ多いし。
問題は電車を降りてから自宅までの道。く、暗いんである。外灯は確かにぽつぽつとあるけれど、暗い・・・。また、ちょこまか歩きで家路に向かう。こんな道、娘には歩かせられないなぁ・・・と思いながら。
で、、後ろから足音。それだけで、結構ドキドキする。こんなときはケータイで話してるフリをしながら歩くのがいいそうだ。いや、本当に電話してるのがもっといいと思う。でも、その時間、ダーリンはスカッシュでうちには僕ちゃんしかいないのよね~。僕ちゃんに電話してもなぁ・・・

どんなことも、気をつけるに越した事はない。取り越し苦労であっても、実際に事件に巻き込まれるより余程いい。

サウスヤラ駅の事件は犯人捕まったのだろうか。。。。。
by sonnenblumensan | 2006-07-25 08:36 | 徒然

もみ返し

今日は首が回らなかった。。もちろん、ローンはあるけど。
それジャなくて。(そうかもしんない)
昨日、Southland Shopping Centre にあるチャイニーズがやってるマッサージに行った。gokunanさんのブログに影響を受けて。

お誕生日に頂いた商品券を使おうっと。首、肩、手、背中。で40分$35
気持ちよーい、痛みだったのが、マッサージ師のひじで、指で、ぐいぐい押されると、激痛の走る場所あり。胃の裏と、肝臓の裏。(飲み過ぎ、食べ過ぎか・・・)
背骨の脇を筋肉と神経をはがしてんの?と思える指圧。結構痛い・・。
終わってみれば、目が回る。

なんだか、長かった冬眠を起こされた気分。
その後、仕事に直行した。ま。マッサージってこんなもんだね。

って思っていたら、今日は肩、首が痛くて、肩甲骨の脇もうっ血してるのが分かる。
もみ返しか~??

すっごく、損した気分になった。

そういえば、日本で岩盤浴のあと、マッサージしてもらって、超々、気持ち良くて、よだれ垂れながら寝ちゃったけど。
その2日後、今のようなもの凄い肩こり、身体こりになったんだよね。
梅雨に入って、気圧の変化のせいかなって思ったけど。
今、思えば、もみ返しだったのかも。。

あー誰かホームローンと、まわらない首、何とかして~~!!!
by sonnenblumensan | 2006-07-14 23:05 | 徒然

星に願いを

メルボルンにいると、ごく自然に日本の暦を忘れてしまう。
半分は日本人の子供たちに、日本の事を伝えられるのは私しかいないという、気負いから子供たちが小さい頃は何かと行事にこだわったものだ。
メルボルンに来てからも、我が家にはガラスケースに入った五月人形が玄関を入ったところに置いてあるし。ほぼ毎年子供達の夏休みが終わる頃(1月の終わり)に雛人形も飾るようにしている。正月前には餅を搗いたり。
しかし、やっぱり、暑いクリスマスを過ごす私たちは、何か季節感に無理がある。
メルボルンにはゴールドコーストよりも、パースよりも四季があるけど。季節の行事が・・・・どうも、しっくりこないのである。

この真冬の七夕のように。。

冬にはキャンドルライトや、街のイルミネーションが似合う。。メルボルンのクリスマスは電飾が熱い。。で、冬には何も無い。冬にこそ、華やかな電飾をして欲しいものである。
メルボルン人の鬱病が、冬にはぐーんと増えちゃうのも分かる気がする。
冬にこそ、心温まるイベントがあるといいのに!!


七夕といえば、4歳のときにテレビで、アフリカに住むフランス人の女の子の友達が象で、象の頭に乗っている映像をみた僕ちゃんが、その年の七夕の短冊に、『象さんの背中の乗りたいな』と書いた。その次の休暇で、家族でバンコクへ行ったとき、象の背中に乗ることが出来た僕ちゃんは、短冊の威力に驚いていた。因みに私が短冊に願いを込めた事は、ミリオネアになりたいということ以外は、叶ってるような気がする。。
宝くじ当たんないかあ・・・今年も書いておこう。


メルボルンの夜空は星が綺麗だし、少し田舎に行くとそれはそれは感動する星空だ。然しながら最近雲が多いメルボルン。今夜は、星空、どうかな?
by sonnenblumensan | 2006-07-07 09:29 | 徒然

omiyage

日本であまり買い物できなかった。特に自分の物は。
家族や他の人へのお土産でスーツケースはいっぱいだったというのに。。

今回の里帰りで気に入った、自分の買い物は
100円ショップで買った、般若心経の写経
こんなありがたいものが(?)100円で買えるなんて。。即買いした。
筆ペン、墨汁と墨も買ってきたので。心落ち着けたいときは、写経でもするかな。

もう一つ、日本をでる最後の日に、秋葉原で買った炊飯器!
もう、買い物もしたくないくらい、疲れていたけど(前日までの不摂生が祟って)
無理して行ってよかった♪
重い手荷物で気が重かったけど、やっぱり、買ってこれてよかったぁ!!
240Vの、オーストラリア仕様の一升炊き。一生大事にします。。
でも、炊飯器って私だけのものではないのよね。。

さらに!二日酔いに耐えながら行ったパワーストーンのお店『namu-』 丁寧にインスピレーションを感じた石を選んだ。。これは私だけの、ありがたいお土産。

日本から来る人が、日本のほうが安いと言うし、実際オーストラリアドルもここ2年ほど上がったしで、日本のほうが何でも安いような感覚あったけど。。

名古屋駅と、二子玉川のT島屋という、自分には随分場違いなデパートへ行ったため、なにが安いのよ!!という、結果になった。。
しかし、この二子玉、小さな子を連れているのに、えらく気合の入った人が多かったなあ(--;)5~7センチのヒールを履いてる人もいたモンね。。驚いた!
そんな長い髪結ばなくて、赤ちゃん引っ張らないのかあ?
綺麗なお母さんはいいけど、気合い入りすぎてないかと。。。要らない心配を少しした。
最近、もう、ハニーちゃんを抱っこして歩くこともないしと、ヒールのある靴を超久々に買ったけど。それでも3センチくらい。今度はハイヒールでも買いますか。。

次回はもっと下調べして、激安の店探しとこう。。
そして、買い物リストを充実させておこうっと。

日本行きも、欲しい物もまた、気がつけば手に入ってると思う。
by sonnenblumensan | 2006-07-05 23:37 | 徒然

願いはかなうもの

暫く前、不二マートのこと書いたときに、店の片隅にでも、日本の雑誌コーナーできないかな~って書いたら。。。

今月のDengon Netという日本人のコミュニティペーパーの不二マートさんの広告に、『雑誌取り扱いはじめます』って~。嬉しい♪

あとはクローズした本屋さんみたいにあんまり高くないといいけど。。。

願いって叶うものっていつも思ってるけど。本当にそうだなあ~。
私の場合ささやかな願望って結構、手に入ってる。
かなり運がいいと思ってる。
ハワイ旅行も当たった事あるし!自転車なんかも当てたし。なんってたってお友達にも恵まれているし!家族もみんな健康だし~。
日々是々、ありがたい。ありがたい。

難点は自分自身のことにあまり努力できないこと。
だから、腹筋100回とか無理なんだけど。ダイエットなんてのも、大変難しかったりするんだけど。。。。それでも地球は回ってるし。
なんとかなってる、毎日♪子供のため、旦那のため何て言う名目の元に動いているうちに次から次へとできることが増えてきた。

ちょっと無理することも必要な時もあるし、適度に力抜かないといっぱいいっぱいになっちゃうけど。。。。
欲するものを、紙に書くのはすごーくいい。
時間が経ったあとでみると、結構手に入ってる。というか、ほとんど手に入れてる。
ま、多くを望まないから(^^)かも知れないけど。

勿論望まない出来事が起こることもあるけど、それには目を瞑っとこう。。

明日も私も貴方も幸せでありますように~
by sonnenblumensan | 2006-07-04 23:07 | 徒然